FC2ブログ

苦しみ続ける動物達のために❤さっち~のブログ❤№2

動物達の苦しみから目を背けさせようとアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してから5年。そのブログが容量いっぱいとなりましたので、こちらのブログを新しく作りました。宜しくお願い致します。旧ブログ→http://amour918.blog.fc2.com/

2017.9.24 「大阪肉食反対デモ行進レポ」肉食の残酷さに気づく人がやっぱりどんどん増えてます♪ 

https://www.facebook.com/events/1927984750791506/
nonikudemoosaka2017924.jpg

2017年9月24日(日)

京都で以前開催した "屠殺場を閉鎖しようデモ" が大好評だったので(仲間内で、笑)
同じ内容で、大阪!神戸!でもやろう!!
っという話になり、進んだ今回の企画。
残念ながら17日に予定していた神戸デモは、台風直撃で中止になったので( ;∀;)
何としても大阪だけはという想いで迎えた当日。
最高のお天気に恵まれて、、、良かった!!!
今日は、関東からめー子さん!名古屋からなっちゃん!も来てくれることになり(≧▽≦)
デモ前に準備チームで一緒にVEGANパプリカ食堂でランチ。
前、厨房の冷蔵庫に貼られていた動物実験反対シールが、表の看板に移動していてウケた件、笑
924c.jpg

あ、一番乗りでクールに到着してるカッコいい人を発見、笑
924b.jpg

仲間と合流していたら、同じようにOPENを待っていた2人組男子に声をかけられた。
「肉食反対なんですか?そのTシャツいいっすね!!俺らも肉食反対です!!」
924pap1.jpg
924d.jpg

キャー(≧▽≦)デモ前から肉食反対イケメン男子と知り合うなんて、テンション上がる系(≧▽≦)
話を聞くと今日は横浜から大阪に旅行に来ていたそう。
デモにも参加しても良い的な流れになったが、その時間はすでに予定が埋まっていたため今回は断念。
後からきた神奈川のめー子さんと繋がって貰いました♪
肉食反対のきっかけは、動画サイトで見た「WHAT THE HEALTH」だったかな?
その後、VEGAN止めようかと思ったこともあったけど、今度は動画サイトで「オクジャ」を観て、
やっぱりVEGAN間違いないと思ったそうです。(確か、そうだったと思う、笑。記憶違いだったらスミマセン、笑)
来年春くらいに横浜でVEGANカフェ出来たら良いなと考えているそう☆
それを話していたのはまだ20歳の彼!
先日Twitterで集めたVEGANアンケート調査を見ても解るが、
若い世代にVEGANがどんどん浸透している!!

⇒VEGANが爆発的ヒットの予感☆どんどん広がる思いやり「どうしてVEGANになったの?Twitterアンケート調査中☆」
そのきっかけと理由まとめ #未来に繋がる貴重な記録

http://animalliberation.blog.fc2.com/blog-entry-89.html

おばちゃん達は嬉しいよ~(´;ω;`)ウゥゥ
あ、20代のまみちゃん、30代のなっちゃん、混ぜてゴメン、笑
924pap.jpg

その後めーこさんも到着して♪
みんなで動物をできるだけ犠牲にしないVEGANランチを堪能♪
最近「できるだけ」という言葉をいれるようにしています。
VEGANがようやく広がってきたのは嬉しいが、VEGANが完全とかゼロとか思い込んでる方が多いからです。
またそのせいで無駄にツッコミいれられている現状も多々ある。
前から何度も言ってるけど、間接的な部分もなくせるならなくした方がいいに決まってるが、どれだけ有機野菜だろうが当たり前のように動物性肥料が使われていたり、知らない間に虫を踏んでいたり、犠牲をゼロにする生き方というのはありません。
現実として認めないといけない所はあると思います。
犠牲をゼロに出来るのは、死んだ時だけです。
勿論放置しておけばよいと言ってるのではなく、例えば製造工程で間接的に使われる動物性をなくしていく運動は、VEGANがもっとスタンダードな存在になれば次の段階として自然と盛り上がっていくのではないかと思うし、現段階であまりに細かいことは私は言わないようにしています。
(企業等に意見する時は勿論別ですし、これはあくまでも個人的な意見です。)
って、ただの気軽なVEGANランチ情報エリアだったのに語ってしまってすいません、笑
924f.jpg
924e.jpg
924h.jpg
924i.jpg
924j.jpg

四ツ橋VEGANパプリカ食堂、何回来ても最高♪ごちそうさまでした\(^o^)/
924pap2.jpg

その後、デモ出発地の愛染公園へ到着。
なんて素敵な名前の公園なんでしょう、笑
愛に染まったこの公園では、沢山の蚊たちにお出迎えされました。
私たちも華麗に血液を提供し、その愛に答えた件、笑
924k.jpg

パネル担当の私は、参加人数に合わせたパネルを用意。
パネルのセッティング手伝ってくれた皆さんありがとうございました♪
924l.jpg
924p.jpg
924o.jpg

今回思っていたより参加者増えたと思ったので、
追加で更に新作デカパネルを作っていったのだが、
残念ながら、今回もどこかで計算違いしたのかパネルが余ってしまう事態となり、せっかく持って行った全てのパネルが活用できなくて残念だった(=_=)
924n.jpg
924t.jpg

参加者の皆さまが徐々に集まってきました~。
924r.jpg

こちらは今日勇気を出して、世間で過激という事にされているデモ行進に初参加して1歩踏み出してくれた、笑
19歳の野村ちゃんでっす\(^o^)/
野村ちゃんとの最初の出会いは、去年の京都VEGANグルメ祭りでマイブースでVEGANパーカーを買ってくれた時でした。
あれから約1年経っても、まだ10代だなんて羨ましすぎです、笑
今日が人生で強烈に忘れることのできない良い思い出の日として野村ちゃんの人生に刻まれますように♪
924s.jpg

参加メンバーはだいたいいつもと同じような感じだけど、私個人としてはあまり知らない方もいたりして、今日はなんだか新鮮に感じました♪
そして参加者約20名とは思えないインパクトの強さがあります、笑
IMG_5594.jpg

私はギリギリまでパネル持ってくれる人探したり焦ってバタバタしてたので、
シュプレヒコール等練習は大阪神戸チームにお任せ。
そして今日も写真を沢山撮ってくれたのは池ちゃんです、いつもありがとう!
IMG_5592.jpg
IMG_5593.jpg
IMG_5587.jpg
IMG_5597.jpg

いよいよ出発の時間です☆
私は大阪の新しくなった今日のルートを歩くのは初めてなので、どんな光景が見れるのだろうとドキドキしました。
IMG_5599.jpg

出だしは住宅地エリアで人が全くいなかったので、サッサと通り過ぎました。
IMG_5600.jpg
IMG_5605.jpg

そして人通りのあるエリアに突入!!!
IMG_5607.jpg

最初の印象は、「うわ~!!ここ超大阪っぽいエリア!!」笑
そして、私たちを観る人々のすんごい視線が強烈に飛び込んでくる感じで、笑
日本橋エリアは、東京の秋葉原的な、オタクモード満載の空気、笑
こんなデモ隊見るの初めてで強烈な印象だったのでしょうね~、って感じで、
案の定ツイッターでは、オタク系と見られる人たちが、
見事に私たちの活動に難癖つけ、己の愚かさをさらけ出す気持ち悪い展開を繰り広げていた、笑
だけど、その反応は単純に無知でアホなのが凄く解る感じで、
色んな非難にさらされてきた私にとっては、悲しいかな、とても可愛いものと感じる程度のことに思えた件(^_^;)苦笑
IMG_5612.jpg
IMG_5615.jpg

アジア系観光客と思われる人たちを含め、
カメラを向ける人が凄く沢山いた。
それだけ、珍しい光景、もしくは記録しておきたいと思わせるデモだったという事♪笑
人々の思い出に肉食反対を訴える人の姿が刻まれるという事は、それだけ肉食反対の意識が世間に浸透するきっかけとなるのです。
なので、どんだけ糞な反応でも、私たちの存在を知らせてくれるという点ではありがたいという事になります♪
IMG_5620.jpg

デモ隊を見ていた人のツイッター。そうで~す!!!流行ってるやつです(≧∇≦)
そこに寄せられたコメントはこれまた酷いものだけど、笑
バカにするために盛り上げてるつもりだろうが沢山RTして広げてくれちゃって、
一緒になって肉食反対が流行ってると結果盛り上げてくれてるみたいになっててありがたい件、笑



今日のデモ行進は約2時間ということで、
本日のマイクは、だいたい30分づつ、
(大阪)さゆみさん→(神戸)うーぴーはん→(京都)さっち~→(神戸)安ちゃん
の4人で順番に回しました。
私は前回京都の時と同じ原稿を使わせて貰いました。
それぞれの個性ある訴えをここに記録しておきます♪
IMG_5626.jpg

2017.9.24 大阪肉食反対デモ行進
【本日の訴え】

~さゆみさんマイク~


『大阪の皆様、こんにちは!
今日は皆様に肉食について考えていただきたくデモ行進をします。
今 私たちが 持っているプラカードやパネルの数々を見て
残酷だ!バカげている!食べるのは当たり前!そう捨てゼリフで見過ごさないでほしいのです。

今日は目線をこの子達と同じところに持ってきて考えてほしいのです。
私たちは 今までそういう観点から見ようとせず
命 というものを軽々しく考えていることに気づきもしません。

生まれた時から
肉や魚を食べ 動物たちを殺してきていますから
家畜動物たちは、殺されて当たり前だと 認識しています。
どんな飼育をされているのか
どんな殺され方をしているのか
想像したこともありません。
今の現実はどうなのか
世界の動物福祉はどうなのか
日本は、メディアがそういうものをすべて排除しますから、
消費者には世界の動物福祉も 今 苦しめられている動物たちのことも現実が見えてきません。

もし、メディアが
苦しむ動物たちの現状、、
と放映されれば 動物福祉の向上を考える人がもっと増え、ベジタリアン、菜食主義もふえるはずなのです。
わたしたちは、 完全に麻痺 しています。

動物たちは、世界の人口とともに工場大量生産させられています。もはや 【命】ではなく【物】として扱われているのです。
日本では一秒間に24匹の家畜動物が殺されています。
日本全体で1日に殺される牛の数 4500〜5000頭
1日に殺される豚の数 44000頭 馬の数 40頭 鳥の数 205万羽
この地球で 何百億とも食肉にされる動物たちが 劣悪な環境のもと 飼育され殺されています。
畜産動物たちは まだ子供のうちに太らされ 抗生物質を打たれ 『食肉』の為に 殺されます。
皆様は 想像したことが、ありますか?その、飼育環境を、、、そして、屠殺される動物たちを、、、

その 命は尊重されず 【命】として扱われることもなくその生産方法や飼育環境、屠殺方法は 合理化され続け 動物たちの苦しみに 背をむけ続けてきました。
今 海外では妊娠ストール廃止や バタリーケージ廃止、また動物福祉の為の監視カメラなど、福祉を重視した取り組みが 当たり前のように 加速していってます。
ところが 日本の畜産動物福祉は海外でも指摘されていますが 依然として 追いついていません。』

IMG_5628.jpg

~さゆみさんマイク~

『あなたは身動きの取れない豚の妊娠ストールや、鳥たちのバタリーケージなど 聞いたこともないと思います。
豚の妊娠ストールとは、繁殖用のメスの豚に種付けをし、身動きできないようなストールの中にとじこめ、出産させます。豚の寿命は、15年程度といわれていますが、繁殖用の豚たちは、一年で、2,3回出産させられ、4〜5年で屠殺されます。日本にはこのような、繁殖用に飼育される豚が1000万頭近くいます。
日本の養豚の83%近くでおこなわれているのです。
そして 鳥たちの92%は バタリーケージで飼育されています。人工的な箱の中で孵化したひよこは、鑑別され雄は二酸化炭素やシュレッダーで潰され殺されてしまいます。
バタリーケージとは、一羽あたりB5サイズの中に閉じ込められ身動きもできないような状態です。
足元は金網で出来ていて 爪は伸び放題で網目にからまっていたり弱い鶏は餌が満足に食べれなかったりします。
妊娠ストールもバタリーケージも その生産性を重視し、動物たちに大きな負担を与える工場式畜産です。
せめて 動物たちの苦しみに 背をむけ続けることは もう やめにしませんか。
世界に追いつくように 視野を広くして 現実を見ることは とても大事なことです。

動物たちは
わたしたちと同じ命があります!
動物たちは
土をふめなくても 息苦しい空気しか吸えなくても 生きています!
わたしたちと同じように感情や感覚があります!
食べる 【物】ではないことをどうか感じてください。
工場化した畜産農場には劣悪、残忍な飼育方法がとられています。
家畜たちは 物のように扱われ詰め込まれ 屠殺場へと運ばれます。
屠殺場では息があるまま 逆さに吊られ 首を引き裂かれ 苦しい叫びの中 絶命していきます。

わたしたちは
お肉がなくても 生きていけます!
お肉のかわりに、大豆ミートがあります!
動物たちの命を犠牲にしなくても十分生きていけます!』

IMG_5631.jpg

~シュプレヒコール~

「屠殺場!なくそう!」
「命を守ろう!」
「肉食!止めよう!」
「今すぐ止めよう!」
「肉食反対~!!」
「命が!よろこぶ!」
「菜食しよう!」
「差別を!なくそう!」
「命が助かる!」
「菜食!えらぼう!」
「菜食賛成~!!」
「動物!泣いてる!」
「肉食なくそう!」
「地球を!壊す!」
「肉食イラナイ!」
「犠牲者!増やす!」
「肉食ヤバイ!!」
「犠牲者!減らす!」
「菜食賛成~!!」
「屠殺場!なくそう!」
「肉食!やめよう!」
「動物!助かる!」
「地球も!喜ぶ!」
「みんなが!助かる!」
「菜食選ぼう!!」
「菜食最高~!!」

IMG_5633.jpg

~さゆみさんマイク~

『皆さん、知ってください。本当は先進国が飢餓を黙認し生み出しています。
今 世界では 9億人近い人口がもがき苦しんでいるということを
世界の7人に1人 アフリカでは3人に1人が飢えで苦しんでいます。
皆が食べれるだけの穀物は十分にあるのに、工業先進国の国々で世界で採れる全穀物の40%が消費されているのです。

まだ先進国の中では 食べ物を生産する土地までも飢餓に苦しむ国々から 買い抑えようとしています。
家畜動物たちの エサ確保の為にです。

世界の全ての人は 食料を平等に分かち合う権利があります。
こんな、当たり前の助け合いをせず、なんでもお金で解決しようとする。
ひとりひとり、権利があるのに わたしたちは、その権利さえも上から押さえつけているのです。

原因は?

それは わたしたちが食するお肉の為にです。

皆様は 【種差別】 という言葉をご存知ですか?
種差別とは、人以外の生物に対する差別です。

時代と共に人の行いも変わります。
なぜ人種差別は叩かれるのに、動物への差別は黙認され動物愛護やVEGAN などに、非現実的だとマイナス思考なのでしょう。

動物たちは 【物】ではありません。
動物たちは みな心があり生きています。』
IMG_5634.jpg

~さゆみさんマイク~

『知っていますか?
日本の乳牛は 生まれた瞬間に母牛と引き離され、 直接母乳をもらうこともなく人間から人口的に作られた代用乳を飲まされ不要な子牛は殺されます。
3ヶ月もすると子牛の頭に生えてくる角は切り落とされ、2年もたたないうちに人工授精、そして分娩してつながれっぱなしの生活を送ります。
そして又 2,3ヶ月後に 人工授精。
お乳は人間の為だけに絶えず生産させられ体はボロボロ、様々な病気を発生し、用なしとなった 牛は【肉】になります。
牛のお乳は牛の赤ちゃんの為にあるのでは、ないですか?

知っていますか?
あなたが飲んでいるその牛乳は危険だということを

ホルモン剤やワクチン、抗生物質、どれも人間にとっては有害な物質がたくさん入っていて、牛乳を飲めば飲むほど骨がもろくなります。
【牛乳】で検索すると牛乳の害がトップにきます。
スーパーでは豆乳も並ぶようになり学校の給食からも消えつつある牛乳ですが、
食卓から消えるのも、もう時間の問題かもしれません。

知っていますか?
スーパーのお肉、その飼育方法を、、、
日本で生産されている家畜用肥料のほとんどが輸入で遺伝子組み換え作物です。
遺伝子組み換えとは、遺伝子操作であり 政府機関は安全だと、宣伝していますが、さまざまな健康被害が出ています。
又 密集飼育による感染症の発生予防の為に 抗生物質が打たれ 早く太らせ 早く出荷させる為に ホルモン剤が投与されます。
ストレスだらけであったり、皮膚病であったり、癌であったり、さまざまな病気を持っています。
その動物たちの、食べれるところは全部お肉になります。
つまり、食べれない箇所もあるということです。

知っていますか?
肉などの動物性たんぱく質は、発ガン性物質をつくる危険な食品だということを、、、
生活習慣病は動物性食品を減らすことで、減少します。
動物性食品とは、肉・卵・乳製品です。
もともと日本人は腸が長いです。
お肉は体の中で腐敗が始まり、腸内にとどまる時間が長い為 【ニトロソアミン 】という発ガン性物質が発生します。
便秘になるのも動物性物質の取りすぎが原因と言われています。
腸内にたまった毒素は 血液を汚して酸化させます。酸化はあらゆる病気のもとになるのです。
肉・卵・乳製品を長期にわたり食していると、血液を汚して細胞を酸化させ、癌になりやすくなります。

知っていますか?
日本の動物福祉は、世界でも最低レベルであるということを、、、
世界が動物利用を動物への被害として福祉に取り入れる中、日本はなにも先に進んでいません。
まだまだ意識レベルはどの国よりも劣ります。
動物たちの苦しみに背を向け続けることはもうやめにして、世界に追いつくように視野を広くして現実を見ることはとても 大切なことです。

動物たちは
わたしたちと同じ命があります!
動物たちは
土を踏めなくても息苦しい空気しかすえなくても 生きています!
わたしたちと同じように 感情や感覚があります!
食べる 【物】ではないことを どうか感じてください。
わたしたちは お肉がなくても生きていけます!
お肉のかわりに大豆ミートがあります!
動物たちを 犠牲にしなくても十分 生きていけます!』
IMG_5637.jpg

~うーぴーはんマイク~

『今日も皆様と重要で有益な情報を共有するために、大切な命と地球環境を守ることについておしらせしにやってまいりました!
肉食をやめることは地球を救うことをご存知でしょうか?
食べ物は一見地球を救うこととは関係なさそうですが、
実は肉食をやめることで地球を救うことができるのです。

お肉を何の疑問もなく食べ続けている方にこそ、この事について知る義務があり地球の未来に責任を持つべきだと申し上げます。

まず肉食の害とは何か?
一つは動物性脂肪やたんぱく質は健康に有益ではないという事実。
今栄養的に良しとされているものが、本当に良いものか??を体に問うことはとても大切だと言うことです。
人の死体を焼くにおいは嫌われるのに、なぜ動物の肉を焼く匂いはいやがられないのだろうか?
肉食を、タンパク質を摂るのに必要な食事だと誤解させているのは巨大な食肉産業による情報操作です。
アミノ酸は動物性たんぱく質に多く含まれますが、人間の体内に入ると腐敗産物の原料となるだけで、スタミナのもとになるわけがありません。
腸内で発生した腐敗物質が血流に乗って全身をめぐると、組織(細胞)に異常刺激を与えて炎症を起こし、やがてそれがさまざまな慢性病の原因になっていきます。
現に癌をはじめとする、多くの生活習慣病といわれる難病が、動物性蛋白食品を多食しはじめたころから急増していることは、誰も否定できない事実です。
実は、動物性蛋白食品は人体にとってむしろ不要なのです。
こういった情報はすぐに調べられます。どうぞご自身で検証なさってください。
肉が優秀な食品であると納得させるだけの情報はほとんど出てきません。』

IMG_5639.jpg

~うーぴーはんマイク~
『二つめは、畜産が環境をひどく破壊しているという驚愕の事実。
例えば牛の餌にはたくさんの穀物や水を消費します。
アメリカを例にすると、牛に与えられる穀物で養える人口は、約13億人だと言われています。
牛、豚、鶏を飼育するために人間の4〜10倍の餌が必要なのに、その肉を食べれる人はわずかという効率の悪さ。
世界中で手に入る新鮮な水は、人間よりも家畜用として多く使われています。
ハンバーガー1個に対して、2500リットルの水が使われると算出され、ハンバーガー1個食べるのは2ヶ月間シャワーを浴び続けるのと同じことになります。
また、お肉を生産するためには、家畜を育てるための土地や餌、水、糞の処理等々が必要になり、現在は膨大な森林を伐採し畜産場が建設されています。
そしてこの畜産が排出する温室効果ガスの量は無視できないものになっていると、国連食糧農業機関(FAO)は10年前から指摘しています。
家畜から排出されるメタンガスや糞尿が主な原因であり、その量は自動車や飛行機が出す排気量とは比較にならないほどなのです。

世界の人口は現在76億になりますが、家畜の数はなんと700億、人間の10倍もいるのですから、
人口増加じゃなくて、人間が食べる動物が地球温暖化の原因であり、
凄まじいスピードで環境破壊が進んでいることがお分かりになると思います。

カナダの大学が発表した論文では、現在の状態が続けば2050年までに、畜産の影響だけで、気候変動や動植物の生息地の破壊が危険なレベルに近づくと指摘し、
また2050年までに1人当たりの肉の消費量を世界平均で19%―42%減らさなければ、現状レベルの環境は維持できないと説明しています。』

IMG_5643.jpg

~うーぴーはんマイク~
『三つめは、動物が可哀想という以前に、肉食は暴力そのものを肯定してしまうという事実。
肉は命あるものからその一生を奪うという人間の悪行の中で最大級の罪悪です。
この事を心の奥底では理解していない人はいないはずですが、
肉を食べなければ生きていけないから仕方ない、必要悪だと言い聞かせてきました。
しかし、事実は違いました。
肉食は私たちの罪悪感を無理やり押し殺してまで正当化するほど、私たちにとって利益があるものではないと分かってきたのです。
つまり、肉食の害を知ってでもなお食べ続けるという事は、思いやりに欠け、無責任で自分勝手でしかない事を認識するべきでしょう。』

IMG_5647.jpg

~うーぴーはんマイク~
『以上のことは、肉食から菜食に切り替える理由として、非常に説得力のあるものです。
そして、肉食をやめることが最も簡単でコストもかからず今すぐ出来る地球環境に優しい選択だという事もお分かりいただけたのではないでしょうか?

肉食に反対すると、肉を食べないと死ぬ、生きるためには肉が必要、とおっしゃる方が出てきますが、
肉食を辞めるという事は何も食べるなという事ではありません。
肉以外にも食べるものはいくらでもありますし、このまま肉中心の生活を続けていれば必ず病気になります。
お肉を食べた方が長生き出来ると言うのは誤った解釈で、
健康で長生きしてきたからお肉も食べれるくらい元気と言うのが本当です。
野菜中心の食生活の方が健康で長生きしてきたのであって、
肉食中心の食生活で健康でご長寿という方はめずらしいと思います。
その証拠に、病気になってから医者に行くとなんと言われるか?まずお肉をやめて野菜中心の食生活に変えなさい、そんな風に言われませんか?
だったら病気になる前にお肉をやめたら良いのではないですか?

正直、みなさんがどう生きようと、
何を食べて病気になろうと、
私には関係ないし興味もありません。
ですが、それが誰かの一生を無慈悲に奪うとしたら、
ご自由にどうぞとは言えない。
とても言えない。
誰かを殺す自由を認めてはならない、
そんな権利は誰にもないと思うのです。
肉食を続けるということが地球の環境を破壊する大きな原因でもあり過ちと知ってもなお、
自分の欲や選択の自由を優先するなんて、
あまりにも身勝手で無責任な事だと思いませんか?
自分には降りかからないからと言って
罪のない子どもたちや後世の人類に
そのツケを回して良いのでしょうか?』

IMG_5648.jpg

~うーぴーはんマイク~
『真実を知るには、自らの心に深く耳を澄ませるしかありません。
その「深く耳を澄ませる」ためには、食事を整えなければ聞こえてこない。
どうしても、肉の食べ過ぎなどで体のバランスを崩すと潜在意識からの声は聞こえてこない。
自分が何を食べたいのか分からなくなってきて、人が言う「健康に良い食べ物」とやらに振りまわされる事になる。
何が真実なのかは、あなた自身の心の奥底がちゃんと知っています

ウソの情報に騙されて体に良くない動物性食品を多く摂るから
病人が増え医療費を国家予算の3分の1まで使う病人大国になったのです。
このまま行けば日本は医療費に潰されてしまいます。
「もろもろの汚染の中で、もっともおそろしい汚染は、消費者の頭の汚染である」
と言われるように
ウソの情報を流してでも物を売ることが当たり前のことのように行われています。
このようなことは早く止めていただきたいと思います。』

IMG_5653.jpg

~シュプレヒコール~

「屠殺場!なくそう!」
「命を守ろう!」
「肉食!止めよう!」
「今すぐ止めよう!」
「肉食反対~!!」
「命が!よろこぶ!」
「菜食しよう!」
「差別を!なくそう!」
「命が助かる!」
「菜食!えらぼう!」
「菜食賛成~!!」
「動物!泣いてる!」
「肉食なくそう!」
「地球を!壊す!」
「肉食イラナイ!」
「犠牲者!増やす!」
「肉食ヤバイ!!」
「犠牲者!減らす!」
「菜食賛成~!!」
「屠殺場!なくそう!」
「肉食!やめよう!」
「動物!助かる!」
「地球も!喜ぶ!」
「みんなが!助かる!」
「菜食選ぼう!!」
「菜食最高~!!」

IMG_5657.jpg
IMG_5662.jpg

中国人の団体客が溢れる道頓堀エリアではデモ隊はこれまた注目を浴びていました。
日本人含め、デモ中こんなにもカメラを向けられたのは、この日が一番だったかもしれません。
以前大阪デモは淀屋橋から本町抜けて難波まで出てましたが、前半人通りがないエリアで勿体なかったので、
最近変えたこの大阪ルートはとても良いし訴え甲斐があると思いました☆
IMG_5672.jpg
IMG_5678.jpg

~うーぴーはんマイク~

《牛の作文》

こんにちわ。私はもと、牛だったのです。 日本のある牧場で生まれました。
産まれて5日目のこと、 かあさんと一緒にいた場所から遠く離れた 暗い木の檻の中へ移されて、もうかあさんの乳は飲めなくなりました。
母さんは毎日、毎日大量の乳をしぼられます。
わたしを産んですぐに人工授精させられたのです。
そして、わたしにはおかあさんの乳首からではなく、 バケツから肉や骨の匂いのした乳をあたえられました。
わたしには弟がいたのですが、 産まれて1週間でいなくなりました。
おとこのこは、仔牛のうちに殺されるそうです。
そのうちかあさんも、いなくなりました。 乳が出にくくなったのです。
まだ3歳でした。 母さんが殺されて、何の用途に使われたのかはわかりませんが、 ここにいるほかの牛たちも、いずれ殺されるんだということが なんとなく、雰囲気でつかめました。
そういう運命なんだようです。
そしていずれわたしも殺されるようなんです。
「お願い!たすけて。死にたくない!」
生きているという事は、どういうことなの?
わたしたちは天寿をまっとうする資格なんてないの?
仲間の牛にはへんな動きをする牛もいます。 同じ所を何度も見たり振り返ったりまた見たり・・。
日が暮れても機械のように動いてる。 狂ったのかもしれません。

いつも突然、何頭かの仲間たちが連れて行かれます。
そして二度とここ(牧場)へは戻ってきません。
連れて行かれる仲間は、突然その日に決まります。 だからお別れを言う間もないのです。
ロープで引っ張っていかれる仲間たちは、殺されることを知っているので、 動こうとしません。
でも、何度も何度もたたかれて、 どんなに抵抗してもトラックにのせられます。
いつもその悲鳴を聞いていて、恐怖におびえる毎日です。
私達はいつも運動不足です。 日光にあたる機会もなく、歩き回る事すらできません。
ある日、太りすぎた仲間が、体重をささえきれなくなって とうとう立てなくなってしまいました。 骨折したんだと思います。
そして、すぐ屠殺(とさつ)場で殺されました。
骨折した牛はもう、人間の食用にはなれないそうで、 医者にも見せず、骨折しただけで 殺され、 ペットフード用の肉になりました。

いよいよ、わたしにその日がきました。 あの、血のにおいのする小屋へ行くことになりました。
覚悟は、全然できていませんでした。
ただ、ただ、悲しかった。
目から涙があふれ、 この世に思い残すことがいっぱいです。
「死にたくない! 私は、まだ若いのです。」
お願い!だれか助けて!! 納得のいかないまま、小屋に入りました。
初めて見る小屋の中には いろんな機械がいっぱい置いてありました。
片足を鉄の輪で固定され、 逆さ釣りにされました。
「痛い!ものすごく痛い!!」
想像できますか?この痛み!!
体重が一本の足首にかかり、骨が脱臼し激痛が走ります。
この人間達は、これから殺す動物に慈悲の心はありません。
最後まで鬼のようなこの人間たち! 恐怖と恨みで涙がいっぱいになりました。
首のあたりにナイフを入れられて 血がだんだんと下に落ちていく。
数時間のうちに私のからだはばらばらに解体されていきました。
私は死にました。 でも、魂はちゃんとその光景を見ていました。
私の体・・。 何人の人間たちが食べるの?
私は人間を襲ったり食べたりしたことないのに、 私は人間に食べられる。
私と人間との間に、 どんなちがいがあるというの?』
IMG_5683.jpg
IMG_5687.jpg
IMG_5691.jpg
IMG_5696.jpg

今日は途中で、飛び入り参加してきたブラジルのメンズ2人組がいました。
協力者の出現にとっても嬉しかったし、
焼肉店の前で「あ~~~いい匂い!!」っと言ってたり意味の解らない発言もあり、なんかおかしいなと思いながらもブラジル流ジョーク的に言ってるのだろうと思ったし、
最後まで一緒に歩いてくれて、てっきり味方だと思いこんでしまってたのですが、
終わってから話を聞くと、実はガッツリ肉食者で参加者で好みのタイプがいたらしくナンパ目的で乱入していたことが判明…(-д-`;)
終わった後ソッコーでマクドナルドへ行ったのだとか…。なんて醜い野郎ども。
見た目としては、参加人数増えてデモが盛り上がっているように見えて良かったという人もいるかもしれないが、
私個人としてはほんま失礼な行為やと思うし動物達の命を馬鹿にした迷惑行為としか受け取れない。
先にそのような人達だと解ってたら、私個人の主催なら、デモ隊から出て行ってもらうように言いたかったです。
IMG_5702.jpg
IMG_5706.jpg

~さっち~マイク~

『大阪の皆さん、観光客の皆さん、こんにちは!
いま倫理的な観点、思いやりの気持ちから、動物の肉をやめて
ベジタリアンやVEGANという菜食生活に切り替える人がどんどん増えているのを知っていますか?
動物虐待が犯罪であるという認識は、皆さん当たり前に持っておられると思いますが、
動物を食べる事が犯罪行為だと考えられる人はこの中にどれほどおられるでしょうか?
畜産現場には、動物虐待という言葉なんかでは到底言い表せないほどの過激な暴力行為が満ち溢れています。

食べられる動物達の身に起こっていることは何なのか。
屠殺場で起こっていることは何なのか。
綺麗に切り分けて包装され、スーパーの棚に陳列される前に
動物達の身に起こっていることが一体何なのか。
今この瞬間動物に起こっていることは
あなたが想像できる最悪の悪夢よりも、恐ろしいことです。
今この瞬間動物に起こっていることは
例えあなたにとって最も憎い相手であろうとも
味合わせてはいけないと思うようなことです。
「人道的な屠殺」とよく言われますが
動物にとってこの言葉は少しの意味も持ちません。
「人道的」という言葉は誰かに思いやりを持つという意味を持っています。
思いやりを持って命を搾取する方法などありません。
思いやりを持って生きたいと願う誰かを殺す方法などどこにもありません。
私たちは動物の立場に立って考えるべきです。
相手が人間だろうが動物だろうが、感謝などという言葉で許される殺害行為はこの世に存在しません。
それが人道的なものの見方というものです。
食欲のためにあなたが奪った命に対して感謝なんてしないでください。』
(↑ジェームス・アスピー氏のスピーチを一部引用)
IMG_5708.jpg
IMG_5714.jpg

~さっち~マイク~
『いま私たちは食卓に並べられている、苦しみの食事について。
動物を食べることの問題、残酷さについて皆様に考えてもらいたくデモ行進を行っております。
大量生産大量消費の飽食の時代になり、
食べ物にされる為に産み出される動物達の置かれる状況はどんどん酷くなるばかりです。
肉を食べる事は絶対に必要という思い込みから、罪悪感を拭うために感謝という呪文を唱え続け、
動物達の犠牲に目を瞑ってしまう人は多いと思いますが、
食べられる動物の事を考えて心が痛んだ経験のある方なら、今すぐ肉食を止められます。
それは正しい心の在り方を認める素晴らしい選択です。
生きていくためには肉を食べる事は必要と思い込んできた人たちにとって
私たちの訴えは信じられないかもしれませんが、動物を食べなくても問題なく生きていくことができるのです。
それは私たちを含む世界中のベジタリアンやVEGANが証明しています。
現在世界中で菜食者はどんどん増え続けており菜食産業はどんどん拡大しています。
菜食が広がっている理由は、動物を傷つける肉食の恐ろしさ、健康を害する肉食の恐ろしさ、
環境を破壊する肉食の恐ろしさ、そんな暴力的な食事の在り方が問題視され、今まで思い込みで続けてきた食生活を見直す人が増えているからです。
動物を食べなくても問題なく生きていけるのに、私たちは生まれた時から
動物の肉が生きていくために必要と刷り込まれてきました。
私たちの訴えに疑問を抱かれる方は是非ご自身で肉食の問題を徹底的に調べてみてください。
肉を食べてる事がいかに不自然で不必要で暴力的な行為なのかに気付いてください。
自分が努力できない言い訳に「感謝」という言葉を悪用するのはもう止めましょう。
もうこれ以上罪のない命を奪う破壊的な食事はやめよう!!』

IMG_5722.jpg
IMG_5724.jpg

~さっち~マイク~
『「屠殺場の壁がガラスばりだったら人々はみなベジタリアンになるでしょう!」
これはベジタリアンであり動物愛護活動家でもある有名なポールマッカートニーの言葉です。
ポールマッカートニーは、動物への思いやりが一番大切であると述べ
肉食を減らしていこうと呼びかける運動を起こしています。
日本と違い、海外ではベジタリアンやVEGANはスタンダードな存在です。
ポールマッカートニーだけでなく、スティービーワンダーや、ブラッド・ピット、
最近ではシュワルツネッガー、世界中の著名人の数々や、トップアスリートたちが
肉食の残酷さ、不必要さを訴え、菜食を推進しています。
洗脳されまくって考える力を失った平和ボケしてる日本人は、
まだまだ菜食者を変人扱いする人が多いですが、
世界の動向に目を向け、最近では日本の企業も、肉の代わりになる
大豆ミートをはじめとした植物性食品を取り扱う企業やお店がようやく増えてきています。
動物虐待の問題だけではありません。爆発的に増え続ける人口問題。限りある地球の資源。
どこからどう見ても、今のままの食生活を続けていく事は不可能なのです。
動物を食べる行為が、どれだけ動物達や地球を苦しめ傷つけているのか、
肉食の裏側にある問題について今すぐ向き合い、一刻も早く菜食に切り替えましょう!』

IMG_5730.jpg
IMG_5733.jpg

~さっち~マイク~
『あらゆる動物虐待は、動物達に対する根本的な差別意識から生まれています。
動物は食べ物じゃないと認め動物を食べない意識を広げていく事で、
動物達への暴力行為、犠牲を大きく減らしていくことができます!
「今すぐ肉食をやめよう!」「菜食に切り替えよう!」
畜産が環境破壊の最たる要因になっていることは意外に知られていない事実です。
動物の肉を止めることで、環境破壊を食い止める大きな力になります。
「今すぐ肉食をやめよう!」「菜食に切り替えよう!」
動物の肉を止めることで、動物性食品の摂取が原因となっている数々の病気を防ぐことができます。
生きていくために必要な栄養素は植物性だけで補うことができるのを知っていますか?
生きていくためには肉を食べる事は必要と思い込んできた人たちにとって
私達の訴えは信じられないかもしれませんが、
動物を食べなくても問題なく生きていくことができる事は世界中のベジタリアンやVEGANが証明しています。
「今すぐ肉食をやめよう!」「菜食に切り替えよう!」
動物の肉を止める事は、食糧問題の解決に役立ちます!
動物の肉を止める事で得られるメリットが沢山あります!
「今すぐ肉食をやめよう!」「菜食に切り替えよう!」 』

IMG_5737.jpg
IMG_5738.jpg

高級アパレル店が並ぶ、お馴染み心斎橋エリアに突入。
動物虐待虐殺行為を一向に止めようとしない「FENDI」は今年も血まみれのディスプレイ!!!
ウサギの命を奪ってイケてると勘違いしたラビットファーベストを着用してる女性の姿もあり、
一時的にコールを変えようかとも思いましたが、
なんせ次から次へとアパレル店があるので収拾がつかなくなりそうなので今回は諦めました^^;
ファッション業界ではエコファーブームになっているとは言え、まだまだ毛皮製品の残酷さを知らない人も沢山です。
つうか、ヴィーガニズムな意識で肉食止める人が増え畜産業が縮小されれば、毛皮問題も解決に向かうことは多いでしょう。
肉食は全ての動物虐待の言い訳に利用される、動物虐待問題を広げている大きな原因ですから。

IMG_5739.jpg
924USAGIFUR.jpg

~さっち~マイク~
『皆さん、こんにちは。
皆さんは、動物を食べることについて何かしらの疑問を抱き考えてみたことがありますか?
人間の食欲を満たすために生み出されている動物達が
どんな一生を送っているのか調べてみたことがありますか?
屠殺場見学に行ったことがありますか?
食べものにされる動物達は、閉ざされた暗闇の世界で、
肉を食べたがる人々によって引き起こされている絶え間ない暴力行為の数々に苦しみ絶望の中で生きています。
特にこの日本の畜産動物達の扱いは世界最低クラスと言われ、他国では禁止にされている虐待的な飼育方法がいまだ主流です。
商品として扱いやすいように、神経や血管のある嘴を麻酔なしで切断される鳥たち。
歯やしっぽや睾丸を麻酔なしで切断される豚たち。
角を麻酔なしで切断される牛たち。
麻酔なしで体の一部を切断される恐怖とその苦しみからその作業工程の中で死んでしまう動物達もいます。

食べものにされる動物達が放牧されてのびのびと過ごしていると勘違いしている人が多いですが、
それは肉食業界が作り上げた罪悪感を感じさせないようにするための情報操作で現実は全く真逆です。
柔らかな肉や体を早く大きくするため運動制限される畜産動物達のほとんどは、
人間の都合で拘束され窮屈な檻の中で毎日を過ごしています。
糞尿の積み重なった不衛生な場所が彼らのベッドです。
どれだけ心地悪さを感じても逃げることはできない、彼らの居場所はそこしかありません。
鶏も豚も牛も、集中的な過密飼育が主流で彼らが毎日を過ごすその場所にあるのは苦しみだらけの絶望だけ。
商品としてしか扱われていない動物達の屠殺場での処理も非常に雑なものです。
効率が重要視され工場的畜産が主流になった現代の畜産では、動物を切り刻むことも流れ作業のひとつです。
完全に意識を失わされることなく、まだ意識のある中切り刻まれていく動物達の姿が多数確認されています。
それらは全て動物の命を奪ってまで食欲を満たしたい皆さんが、
自分の手を汚さずにお金を払って誰かにやらせていることです。
動物を食べたい皆さんは、動物を食べる度に、自分たちが奪った命に対して涙を流すべきでしょう。』

IMG_5744.jpg
IMG_5750.jpg

~さっち~マイク~
『菜食に切り替えることで、動物達の犠牲を大きく減らしていけます。
食べものにされる動物達の一生がどれだけ苦痛に満ちたものか、皆さん知って下さい。
想像を絶する暴力的な行為の数々に動物達は日常的に苦しめられています。
それらは全て動物を育て殺す人にお金を払い、肉を食べたがる人がやらせていることです。
裏側で何が起こっているのかを知る。
動物を食べる皆さんにはその責任があるのではないでしょうか?
感謝して食べるというなら尚更この問題について向きあうべきではないのでしょうか?
肉食は動物達を苦しめるだけでなく、多大なる環境破壊を引き起こしています。
世界で最も温室効果ガスを排出しているのは畜産業だという事実を皆さんは知っていますか?
地球温暖化対策として、誰もが今すぐにでもやらなければならない事!
それは肉食を控えることなのです!
どれだけ皆さんが反発しようが、肉食問題から今後目を背けることはできません。
地球はあなたが好き放題散らかしても良い、あなたの個室ではありません。
皆さん、いま地球上で起こり続けている異常気象の数々を知っていますよね?
肉食が世界に及ぼす悪影響の大きさから、世界は菜食にシフトする準備をどんどん進めています。
肉を食べる皆さんは、是非自分たちが何を引き起こしているのか自覚を持ってから肉食をしていただきたいと思います。
食欲という楽しみのために命を奪っている張本人なのですから、苦しむ動物達や地球の叫び声から目を背けるのはやめるべきでしょう。
家に帰ったらどうぞご自身で肉食の問題点について検索してください。
肉食は生きていくのに必要だと思っている方がほとんどだと思いますので、
私たちの訴えに耳を塞ぎたくなる方も多いでしょうが、
菜食は皆さん自身や未来にメリットをもたらす選択です。
鬱陶しいとは思いますが、運が悪かったと思って、
今日は少しでも私たちの訴えに耳を傾けてもらえると幸いです。
そしていつか、運が良かったと思える日が来ますように!』

IMG_5754.jpg
IMG_5760.jpg

~感謝なんてされたくない!!~

「屠殺場!なくそう!」
「命を守ろう!」
「肉食!止めよう!」
「今すぐ止めよう!」
「肉食反対~!!」
「命が!よろこぶ!」
「菜食しよう!」
「差別を!なくそう!」
「命が助かる!」
「菜食!えらぼう!」
「菜食賛成~!!」
「動物!泣いてる!」
「肉食なくそう!」
「地球を!壊す!」
「肉食イラナイ!」
「犠牲者!増やす!」
「肉食ヤバイ!!」
「犠牲者!減らす!」
「菜食賛成~!!」
「屠殺場!なくそう!」
「肉食!やめよう!」
「動物!助かる!」
「地球も!喜ぶ!」
「みんなが!助かる!」
「菜食選ぼう!!」
「菜食最高~!!」

IMG_5761.jpg
IMG_5762.jpg

~安ちゃんマイク~
『大阪の皆様、こんにちは!
私たちは今、屠殺場を閉鎖しよう!デモ行進をしています。
「屠殺場」とは、動物たちにとっては必ず殺される場所であり、「死刑場」のようなものです。
それも、無実の罪で殺される「死刑場」です。
この理不尽で残酷な「屠殺場」をなくして、平和で、愛と優しさにあふれる世界を取り戻したいと私たちは考えています。
だからこのように、「屠殺場を閉鎖しよう!」というデモ行進をしています。

皆さん、屠殺の動画を見たことはありますか?
皆さんに是非一度、インターネットで検索をして「屠殺の動画」を見ていただきたいのです。
そこで見ることができるのは、「恐怖」に包まれて「血まみれ」になって「殺」されている、動物たちです。
屠殺場はたくさんの動物たちが流した血で、血まみれになった殺害現場なのです。
動物のお肉を食べる為には「屠殺」、つまり動物を殺すことを避けては通れません。
だから、私たちはお肉を食べることをやめました。
誰かをそうやって苦しめて殺すことは間違いであり、殺人と同じように異常で異様な血まみれの習慣であることに私たちは気が付いたからです。
皆さんも、一度立ち止まって考えてみませんか?
そしてお肉の為の犠牲があまりにも理不尽で残酷であることに、気が付いていただきたいのです。』

IMG_5764.jpg

~安ちゃんマイク~
『お肉が食べられなくなったら何を食べればいいの?
たんぱく質はどうするの?と疑問に思われる方がたくさんいらっしゃいます。
【動物のお肉】を食べるのをやめたら、【畑のお肉】と呼ばれる「大豆ミート」や「ソイミート」、「ベジミート」を選んでください♪

【畑のお肉】と呼ばれる大豆には、良質な必須アミノ酸が35%と豊富に含まれています。その割合は、豚肉よりも多く含まれているくらいです。そして大豆の脂肪分には、コレステロールを分解するリノール酸が多く含まれているため、とーーってもヘルシーです。
大豆を発酵させた納豆であれば、大豆よりもビタミンB群が多いため美肌の効果が期待できますし、納豆に含まれるナットーキナーゼはガンを抑制し、血液をサラサラにしてくれます。
【畑のお肉】にはいいことだらけです♥

それに、畑のお肉を食べる為に「誰か」を殺して血を流したり、恐怖を感じさせたりする必要は全くありません。畑のお肉はとっても【平和】なのです。
野菜のための屠殺場が必要ないのは、それが動物の屠殺のように残酷ではないからだと思います。

でももし「動物のお肉」を選んでしまうと、動物のお肉を食べる為に「誰か」を殺さなくてはなりません。お肉の為に、恐怖と悲しみにあふれた【殺戮】が、全国に存在する【屠殺場】で繰り広げられることになります。
動物のお肉を食べる為には動物を殺さなければならないことを、皆さんは、すっかり忘れてしまっているのではないでしょうか。』

IMG_5769.jpg

~安ちゃんマイク~
『どうか、思い出してください。
お願いします。気が付いてください。
毎日、食事に動物のお肉を選ぶということは、本当は異常で恐ろしい残酷な習慣です。
まるで戦時中と変わらないように、どんどん毎日誰かを殺し続けます。
お食事をする前に「いただきます」、食べ終われば「ごちそうさま」、
そう言えば、動物を殺してその死体を調理して食べても許される、と思ってしまっていませんか?
感謝をして食べればいい、と言われてそれを信じてしまっていませんか?
涙を流して助けてほしいと懇願する誰かがいたとしても、
お肉以外に、私たちには食べるものが山ほど用意されていたとしても、
本当に感謝すれば、動物を殺してもすべて許されてしまうのでしょうか?

よく考えてみてください。
もし感謝すれば許されるのであれば、あなたは誰かから感謝をされたら、殺されても構わないと思うでしょうか? そんなことはあり得ませんよね?
理不尽な理由で殺されてもいいと思う人は、おそらく存在しないのではないでしょうか。
人も牛も大根もみんな生きているから、差別しないで食べましょうと言うなら、人間自身だって差別しないで殺したり食べたりできますか? しませんよね。
結局、人間オンリーなのであり、身勝手に人間「だけ」を特別視しているだけなのです。

でも、人間は動物の一種で同族ですから、人間と動物は身体能力や大きさに差はあっても、ほとんど同じ身体のつくりと感覚をもっています。
野菜ももちろん生きて成長し、呼吸をしてはいますが、動物とは生き方や身体の構造、呼吸方法、感情や感覚はかなり異なります。
植物には脳や心臓、内臓などの臓器はなく、赤い血も流れてはいませんし、涙を浮かべる目や泣き叫ぶ口や声を発する器官もありません。そもそも、心臓がありませんので、どの段階で植物は死んだと判断するのでしょうか?

動物は、自分がこれから殺されるということがわかると、恐怖を感じて逃げ出そうとします。
逃げようともがいたり、泣き叫んで助けを求めたり、目に涙を浮かべて悲しみを表します。
植物はそこまでの恐怖や苦痛を感じているのでしょうか?
もちろん、植物であっても大事に扱います。
でも、動物を殺すのに等しい残酷さはないのではないでしょうか?
本当に野菜を食べることが残酷であれば、野菜の為の屠殺場が存在するはずです。

人間の首とブタの首と大根の首を切ってお皿に乗せるのは、全く同じでしょうか?
人間は動物ですから、殺されたくないと思う気持ちは動物とほとんど同じです。
だから、人には、屠殺を前にしておびえている動物たちの恐怖や絶望が理解できると思います。
お皿の上に乗せていいのは、大根の首だけです。』

IMG_5771.jpg
IMG_5775.jpg

難波エリアでは、日本人の数人から「頑張って下さい!」と沿道より嬉しい応援がありました。
日本人による肉食反対デモへの応援は外ではあまり見かけることはなかったのでとても嬉しいです。
京都でも過去「私も食べません!」等、応援してくれる方はいましたが、以前よりも断然動物を食べなくなってる人が確実に増えている、積極的に意思表示する人が増えていると感じました。
日本人が肉食反対デモを応援してくれる光景が、今後もっともっと増えていくかもしれませんね^^♪
(わざわざ近寄ってきて「頑張って下さい!」と応援してくれた女性)
Point Blur_20170924_223540
(拳をあげて応援してくれてた男性)
Point Blur_20170924_223506

~安ちゃんマイク~
『これからは、動物を大切にしようとする意識と、健康面から、植物で作った代替肉の時代が到来しそうです。
Allied Market Research(アライドマーケットリサーチ)の2016年2月2日の報告によると、肉の代替品の市場は2020年には5900億円にまで上がるだろうと予測されています。

日本にも、美味しいビーガンやベジタリアンのお店があることをご存知ですか?
お肉がやめられないと信じている方は、是非一度ビーガンやベジタリアンのお店に足を運んで、その植物性だけを使用してつくられた絶品の美味しさを味わってみてください。
ここ大阪であれば、
四ツ橋にある「ビーガンのパプリカ食堂」さん、
梅田から歩いていける中崎町の「あじゅ」さん、
堺東にあるビーガンハンバーガーのお店、「ビーガンバーグキッチン」さん、
本町にある「グリーンアース」さん、
中津にあるロービーガンのお店「ローハチ」さん、
天満にある「バベルカフェ」さん
があります。とても驚くくらいの美味しさですので、必ず満足できると思います。お勧めです。

そして地球環境の為、動物の為、人の為に、週一日からでも構いません。
動物のお肉を食べない日を作りませんか?

元ビートルズのポールマッカートニーさんが推進されている、ミートフリーマンデーと呼ばれるキャンペーンがあります。これは世界中で推進されているキャンペーンです。
ミートフリーマンデーとは、月曜日などの週に一日だけはお肉をいっさい食べない日を作り、思いやりにあふれる美味しい食卓を囲もう、というとても素晴らしい取り組みです。
ポールさんはベジタリアンですが、その理由は、「動物への思いやり、ぼくはこれが一番重要だと思う」とのことです。
ポールさんはまた、「屠殺場の壁がガラス張りだったら、すべての人がベジタリアンになるだろう」ともおっしゃっています。
皆さん、一度だけでもよいので、屠殺の動画を見てみてください。
そこには、私たちが普段全く目にすることのない、お肉の隠された残酷すぎる真実が隠されています。

実は、日本でもこのミートフリーマンデー(週に一日ベジの日を作ろう)キャンペーンは広がっています。
内閣府の食堂が、今年の3月から「ミートフリーフライデー」を採用しました。
金曜日に、ハッピービーガンランチと呼ばれるVEGANメニューの提供が始まったのです。
ちなみに、ビーガンランチとは、お肉や魚だけでなく、牛乳や卵、ハチミツも含まない食事のことをいい、VEGANとは、動物を搾取しない生き方を選択する人のことをいいます。』

IMG_5783.jpg

~安ちゃんマイク~
『お肉だけではなく、牛乳や卵にも、結局、壮絶すぎる牛や鶏の苦しみが存在します。
出産を繰り返して仔牛が産めなくなり、お乳が出なくなったメスの牛や、
卵を繰り返し生み続けて卵を産むことができなくなったメスの鶏が、
廃牛(ハイギュウ)や廃鶏(ハイケイ)として殺されて食べられているからです。
動物に由来する食品のほとんどが、動物たちを人間の都合で利用するだけ利用して、役に立たなくなれば容赦なく殺して食べてしまうという、とてつもなく恐ろしく人道に外れた非倫理的な扱いを動物たちに強いています。
まだそのことを知らない方が、日本にはたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

今年の5月に、200人以上の科学者、政策専門家などが世界保健機関(WHO)に対して提出した公開書簡のなかで、公衆衛生上の課題として工場畜産への対応を求めました。
その書簡によると、工場畜産で多用される抗生物質が抗生物質耐性菌を生み出しており、この耐性菌による死亡者が2050年までに年間950万人にのぼる可能性があります。
そして温室効果ガス排出量の約20%は畜産業界によって発生しており、輸送業界による発生量よりも大きくなっており、気候変動により毎年25万人の死亡を引き起こすと推計されています。
ちなみに、国連食糧農業機関(FAO)によると、毎年家畜から放出されるメタンガスの量は、石油約1億4400万トンに匹敵するといわれ、これは、南アフリカ全体に電力を供給するのに十分な量に相当するそうです。
さらに工場畜産は大規模森林破壊の原因となっています。つまり、お肉の為の工場畜産が、地球環境を破壊しているので、お肉をやめることは地球環境の保護になるのです。
最後に、工場畜産によって可能となった人間の食生活の劇的な変化は、慢性疾患の負担の増大につながっています。つまり、動物性食品の摂取の増加が、人間の健康を損ない病気を増やしているというのです。
工場畜産の問題は、動物たちの命を搾取するだけでなく、地球環境と人間の健康にも被害を及ぼしていることを知って下さい。』

IMG_5786.jpg
IMG_5788.jpg

~感謝なんてされたくない!!~

「屠殺場!なくそう!」
「命を守ろう!」
「肉食!止めよう!」
「今すぐ止めよう!」
「肉食反対~!!」
「命が!よろこぶ!」
「菜食しよう!」
「差別を!なくそう!」
「命が助かる!」
「菜食!えらぼう!」
「菜食賛成~!!」
「動物!泣いてる!」
「肉食なくそう!」
「地球を!壊す!」
「肉食イラナイ!」
「犠牲者!増やす!」
「肉食ヤバイ!!」
「犠牲者!減らす!」
「菜食賛成~!!」
「屠殺場!なくそう!」
「肉食!やめよう!」
「動物!助かる!」
「地球も!喜ぶ!」
「みんなが!助かる!」
「菜食選ぼう!!」
「菜食最高~!!」

IMG_5790.jpg
IMG_5791.jpg
IMG_5795.jpg

そろそろ目的地に到着です。
お天気も良く、人通りも多く、コースも長く、訴え甲斐のある超濃厚なデモ行進だったと思います!
今日訴えを聞いた人たちの中に、肉食問題について考えてみようとした人が必ずいることでしょう。
IMG_5800.jpg
IMG_5802.jpg

声をあげ行動を起こしていかなければ、暗闇の中に閉じ込められた動物達の声が世間に届くことはありません。
皆さまの1歩は未来に確実に繋がるのです。
共に行動した皆さま☆☆☆本日はありがとうございました!!!!!
nonikudemoosaka2017924a.jpg

【本日のデモ行進動画はこちら】


そしてデモ行進終了後は、超楽しみにしていた【VEGAN BURG KITCHEN】で懇親会(≧∇≦)
私は食べるのは今日でもう4回目やけど♪
お店へ行くのは2回目♪お店で食べるのが間違いなく一番美味しいでっす(≧∇≦)
以前行った時の感激のレポを今後行ってみたいと思われる方の為にリンク↓

世界展開させたい☆これぞ真のハンバーガー!!大阪堺東の【VEGAN BURG KITCHEN】に行ってきた♪
http://animalliberation.blog.fc2.com/blog-entry-49.html

到着☆
924VB.jpg

VEGANスマイルで出迎えてくれた中井店長とスタッフの方♪
今日は大量注文だけど(笑)、宜しくお願いしま~す!!!
てか、昼間はパプリカ食堂行ったし、中井店長の店三昧、笑
924VB1.jpg

そして今日もキタ━━━━ヽ(‘∀`)ノ━━━━!!!!
今日のマイオーダーは☆
一番豪華な「ザ・ビーガンバーグ」と「シャケ風フライ」と「オーガニックコーンマヨ」の3点セットにしちゃいましたワ~イ(≧∇≦)
924VB3.jpg
924VB4.jpg
924VB5.jpg

そして参加者のメンバーの多くは1人でだいたい2個注文が当たり前、笑
中々来れない店だし、ちょっと無理してでも食べたくなるよね~(≧∇≦)
皆さまの幸せそうな食べっぷりをご覧ください♪笑

924VB9.jpg
924VB7.jpg

K兄貴はなんとバーガー2つにドッグ1つ!計3つも食べてたという!!!笑
924VB8.jpg

関東から来ためー子さんも大満足の様子でした~(*^O^*)
つうか、奥の方にいる安ちゃんも良い顔してる、笑
924VB12.jpg

まだまだ世の中にはこんなに素晴らしいハンバーガーの存在を知らない、
動物達の一生と命を奪って、尚且つ添加物薬品まみれの動物性バーガー食べて自らにも害与えてる人ばかり。
ほんまどう考えても色々気の毒な人達やなとつくづく思いますね。
今日のデモ見てツイッターで騒いでたアンチ勢力の皆さまにも是非一度食べにきて貰いたいわ~、笑 マジで。
あ~~~~~~~~、ほんま今日も美味しかった!!!!!ごちそうさまでした!!
活動終わりの【VEGAN BURG KITCHEN】はより最高です(≧∇≦)
次は10月15日の大阪エシカルVEGANフェスで再会しましょう~(*´▽`*)ノ゛笑
924veganb1.jpg
スポンサーサイト