FC2ブログ

苦しみ続ける動物達のために❤さっち~のブログ❤№2

動物達の苦しみから目を背けさせようとアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してから5年。そのブログが容量いっぱいとなりましたので、こちらのブログを新しく作りました。宜しくお願い致します。旧ブログ→http://amour918.blog.fc2.com/

2017.5.13「イルカ解放を求める@京都デモ 日本語×中国語で訴える日本初のアニマルライツデモ☆イルカを一番犠牲にしてる国同志協力しよう! #EmptyTheTanks」活動レポ 

2017年5月13日(土)
irukademo4.jpg
irukahelp2.jpg
irukahagaki.jpg

イルカ解放を求める京都アクション!Empty The Tanks!
当日を迎えました。
残念ながら神奈川の新江ノ島水族館で予定されていたアクションは雨で中止。
京都はデモ行進自体はどしゃ降りでもやる予定だったが、前日ギリギリまでお天気に悩みに悩み、計画していた映像カーのみ中止にすることに。
しかし、朝になってお天気状況が好転☆
急遽映像チームに呼びかけ映像カーを出動させることに。
まさかのお天気。しかし、これを奇跡ということにしたくありません。
動物達が一向に救われていない現実を見れば、そんな簡単に奇跡という言葉を使うべきではないと思うからです。
2017513a.jpg

みんな急な事だったのに集まってくれてほんま助かった、ありがとう(>_<)
小雨に降られたのは最初の30分くらい。その後は何の問題もなく準備を進めることができて無事映像カー完成☆
それぞれの力が見事に集結でほんま素晴らしいチームやと思いました。
天気の心配で無駄にエネルギー消耗した分、完成した時の感動は大きかった(>_<)
【AR映像カー準備チーム】辰田・さっち~・池ちゃん・安ちゃん
2017513eizo.jpg


予定通り準備を終えて集合場所の京都市役所前へ♪
前に作ったうっきーのイルカ段ボールは、猫にめちゃめちゃに破壊されてしまったということで、笑
今回また新しいのを作り直したといううっきー♪
みんなのそれぞれのセンスが素晴らしいね♪
2017513c.jpg

京都市役所前。曇り空やけど雨が降る気配はない。
晴れてると映像は見えにくくなるので、曇り空がありがたかった。
2017513e.jpg

念願のイルカ解放映像カー(≧∇≦)
業者でもない完全な素人でありながら我ながら良く出来た(良いデザイン)になったと思うし自分を褒めたい、笑
但し、映像は、毛皮を剥がされていく動物達の姿とかのようにあそこまで衝撃があるものではないので、
そのあたりは訴え力は弱いと感じる。
しかし、イルカのいるプールが悲しみの場所だと考えたこともなかった人々に、何か少しでも感じて貰えれば成功です。
2017513d.jpg
2017513f.jpg
2017513g.jpg

今日流した映像は、水族館のための犠牲者。
太地町で無理やり連れていかれる子イルカの様子。傍にはお母さんイルカが、、(T_T)
2017513h.jpg

こちらは水槽の中の苦しみを伝える動画。K兄貴が編集してくれました♪
2017513i.jpg

あまりに参加者が集まらない京都デモ。
今回は拡散して呼びかけを手伝ってくれた仲間たちのお陰もあり、一桁台は免れたが、それでも少ない事に変わりない。
いつものように、参加者少なくてもボリュームがあるように見えるように、パネルを沢山用意。
パネルを持つのはひとり①セットでお願いしたかったが、思ってたより参加者足らずで、②セット持ちして貰わないといけなくなった人もおり、今回もまた参加者の皆様には負担をおかけしました。
2017513j.jpg

夜勤明けで一睡もせず来てくれたヒエジマさん。お疲れです(>_<)
2017513hiejima.jpg

また今日体調不良で咳のしすぎで、まさかの肋骨が折れてるという状態の中、それでも参加してくれた牧野さん(>_<)
イルカの声になるためにかけつけてくれた皆さん本当にありがとう。
2017513makinosan.jpg
あきいるさん、タマちゃん♪
2017513k.jpg

多田モン♪
2017513tadamon.jpg

京都デモ初参加♪ず~しみさん♪
2017513rio.jpg

キタさん♪
2017513kitasan.jpg

字を書くのが得意なまみちゃんが作った手書きのパネル。
ほんま字がうまい!!!
そして何度も言うけど、オカン(左)若い、笑
2017513l.jpg

私は今日前に作ったオリジナルTシャツを着たかったので、いつも着てたイルカの衣装は今日はさゆみ母さんが着てくれることに♪
2017513Ts_20170516054403883.jpg
2017513sayumi.jpg
2017513sayumi1.jpg

今回も、動物解放星から、デカパネルを華麗に持つのが得意なイルカ解放青ナンジャーがかけつけてくれたよ~ヽ(^o^)丿
2017513ao.jpg

カメラを担当してくれるのは池ちゃん♪今日も宜しく^^
2017513ike.jpg

今日は中国語のコールをすると告知していましたが、それを担当してくれたのがこちらのウォン君!!
大学院に行くために日本に来ていて、わざわざ東京から来てくれました!!!
2017513m.jpg
2017513uon.jpg

今日は逢った事のないウォン君とマイクの練習をしないといけなかったから、
出発の30分前になっても中々ウォン君が来なくて、超焦った焦った!笑
ウォン君合流で急いでコール等の練習!
さすが頭が良いだけあって、呑み込み早くこちらの説明をすぐ理解してくれスムーズに進んで良かったです!!!
2017513maiku.jpg

今日はウォン君にはシュプレヒコールの合間合間に中国語で同じコールを読んで貰い、
中国人観光客が密集している祇園エリアでは中国語で原稿を読んでもらう予定にしてました♪
日本語×中国語でアニマルライツを訴えるデモ行進は、日本初やと思います。
超新鮮やったし練習だけでテンション上がった件、笑
2017513maiku1.jpg
2017513o.jpg

京都は17名でのスタート☆参加者の皆さま
さっち~・安ちゃん・うっきー・さゆみさん・池ちゃん・辰田・K兄貴・牧野さん・ヒエジマさん
ウォン君・多田モン・まみちゃん・あおい母さん・タマちゃん・あきいるさん・ずーしみさん・キタさん

今日は名古屋港水族館前でも仲間が活動してます。
世界中でイルカの声になるために行動している人達がいます。
今日残念ながら中止になってしまった新江の島水族館前での活動で悔しい思いをしてる仲間の分まで一緒に声を届けましょう!
2017513q.jpg

Empty The Tanks!!イルカの自由を奪わないで!!@京都デモ
はじまりはじまり~☆
2017513r.jpg
2017513t.jpg
2017513u.jpg
2017513v.jpg

【本日の訴え】
2017513w.jpg

『今日5月13日は、世界中の約60か所で、
イルカショーのための捕獲及びイルカの監禁と搾取に反対する国際イベント
「EmptyTheTanks」水槽を空にしよう!と訴えるイベントが行われています。
今日私たちも是非この機会にイルカの犠牲について考えて頂き
皆さんにイルカを助ける力になって頂きたくデモ行進を行っております。
日本は世界一水族館が多い国と言われています。
世界の水族館のイルカのほとんどは
この日本の和歌山県太地町で行われているイルカ追い込み猟で捕獲されたイルカたちです。
展示用に選ばれなかったイルカが殺されてる事を皆さんは知っていますか?
日本のイルカ猟が世界のシーワールドの供給源になっていることはほとんど知られていません。
皆さまどうか小さな水槽に閉じ込められているイルカの苦しみに目を向けてください!
私たちがイルカたちを助けるためにできること。
それは ●水族館のチケットを買わないこと ●イルカビジネスに加担しないこと です。
皆さんがイルカビジネスに乗っからないことで自由を奪われるイルカを助ける大きな力になります!
人間には沢山の娯楽が用意されているのですから、水族館のひとつくらいは皆さんどうか諦めては頂けないでしょうか?
皆さんが水族館に行かなくなる事で苦しい思いをする事はないと思いますが、
皆さんが水族館に行くことで一生を台無しにされ苦しみ続けるイルカ達がいます。
どうしてもイルカが見たいなら野生のイルカに逢いにいってください!
人間の一時の娯楽のために、見世物にされ苦しんでいるイルカ達を解放しましょう!』

2017513x.jpg

デモスタートして早々、突然反対車線から訳のわからない男が乱入してきて私の横でずっと一緒に歩きだすという事があり、
一瞬アンチ勢力の一味かと思いましたが、仲間に写真撮って貰って遊んだりしてたのでただの調子乗りの迷惑な人だったのでしょう。

2017513y.jpg
2017513z.jpg

「シュプレヒコール」

水族館に! 
行かないで!
イルカショー!
止めさせよう!
監禁施設に!
閉じ込めないで!
水槽の中は!
生き地獄!
海からイルカを!
捕まえないで!
動物達を!
苦しめないで!
調教ショーを!
止めさせよう!


2017513aa.jpg

水族館で!
癒されないで!
イルカの苦しみ!
考えよう!
娯楽のために!
苦しめないで!
水族館に!
さよならしよう!
イルカが泣いてる!
動物泣いてる!
水族館に!
さよならしよう!


2017513bb.jpg

請不要去水族館!
請停止海豚表演!
請不要拘束海豚!
水槽中的生活簡直就是人間地獄!
請不要撲殺海豚!
動物也有感覺!
請不要馴養海豚!
水族館不治癒動物!
請考慮海豚的感受!
請不要用海豚的痛苦尋開心!
請告別水族館!


2017513cc (2)

『いま私たちは監禁施設で苦しむイルカをハジメとした海洋生物の声になるため、
水族館に行かないでキャンペーンを行っています。
水族館にいる動物達は観客を喜ばすために、
自然界とはほど遠いコンクリートのプールに閉じ込められるだけでなく、
イルカショーやアシカショー、記念撮影等のエンターテイメントに散々利用され、
不自然極まりない状況下に置かれ拷問を受け続けています。
海洋生物たちが生きる場所が間違いなく海であることは、
どれだけのアホでも簡単に解ることではないのでしょうか?
水族館が教育施設だと言われますが、
ほとんどの観客はただ自分が癒されるために娯楽として利用しているだけではないのでしょうか?
水族館へ子供を連れて行く親は多いですが、
水族館から教わるのは、動物は人間の都合で操っていい存在だと教える事、
そんな認識を持つことは動物虐待や人間社会でのイジメ問題にも発展しかねない、
子供達にとっても悪影響としか言えません。
子供達をイルカショーに連れていくことは果たしてどんな教育になるのでしょうか?
動物たちを自然の環境とはほど遠い小さな水槽に閉じ込めて見世物にすることは、
弱い者イジメの方法を教えているのと同じです。
心ある人間なら、水槽の中の命の叫びに耳を傾けましょう。』

2017513dd.jpg
2017513ee.jpg
2017513ff.jpg

周りの反応。参加者の皆さまによると、お馴染み海外の方を中心に好意的な目を向けてくれてる人が目立っていたということです。
今日はとっ~ても珍しい事に、笑
日本の方からも「賛同します!」と横断歩道から声を投げかけてくれた人もいて嬉しかったです(^^)

2017513gg.jpg
2017513hh.jpg

祇園エリアに突入でウォンくんのマイク☆
2017513ii.jpg

今日ウォンくんにはこのような内容を中国語で読んで貰いました。
「中国の皆さん、こんにちは!
いま私たちは水族館ボイコットキャンペーン!
人間の娯楽のために苦しみ続けているイルカ達の解放を求めて声をあげています!
中国はいま水族館ブームとなっています!
そんな中国の皆さんにイルカを助けるために協力してほしくて、声を届けています!
日本では毎年沢山のイルカが囚われ水族館に連れていかれますが、
その工程で不要とされるイルカの家族は殺されていることを知っていますか?
突然自由を奪われ海外に輸送され小さな水槽に閉じ込められるイルカの苦しみは計り知れません!
中国は日本から沢山のイルカを購入しています!
水族館でイルカを求める人たちがいる限り、イルカの苦しみは終わりません!
果てしなく続く海で本来生きるはずのイルカが、水族館の小さなプールに閉じ込められることが、どれだけイルカに苦痛を与えているのか考えてもらえませんか?
家族と引き離され、小さな水槽の中で死ぬまで芸をさせられるイルカの苦しみを考えてください!
皆さんにお願いしたい事!
イルカショーのチケットを買わない!
動物を犠牲にした娯楽施設に行かない!
そしてそれを周りに伝え広めてもらうことです!
中国に帰ったら私たちの訴えを周りの人たちにもどうか伝えてください!
世界中でイルカの飼育や展示を止める国や水族館がどんどん増えています!
しかし、この日本と中国はアジアで一番イルカを犠牲にしており犠牲者は一向に減る気配がありません!まだまだ声が足りません!
イルカを助ける運動を中国でもどうか盛り上げてください!」

2017513jj.jpg

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
各位中國的遊客,你們好。歡迎來到京都。
此刻我們正在進行的是抵制水族館的大遊行。
因爲人類以之取樂,海豚長期受苦,現在,爲了它們的自由,我們 嚴肅發聲。
近些年,水族館觀賞活動在中國十分火熱,所以,我們特意用中文呼籲中國朋友跟我們一起幫助海豚回歸自然。
在日本、因爲觀賞的需求、每年都會捕獲大批的海豚送入水族館。
牠們突然間被剝奪自由,然後輸送到海外,關在狹小的水槽中,海豚所遭受的痛苦我們人類是無法想像的。
中國每年從日本購入大量的海豚以應對日趨火爆的水族館表演。沒有買賣就沒有殺害、只要我們對水族館仍有一天的需求、海豚就永無寧日、就永遠都會在持續受苦。
本應生存在浩瀚大海中的海豚、如今卻被迫同族群分離、至死都被關在狹小的水槽中,海豚遭受無窮無盡的痛苦,這一切,竟然只是爲了取悅那些觀賞海豚表演的觀眾。我們難道不應該好好反思嗎?

我們其實可以給予它牠們多點關心、多點愛,我們更應該設身處地地同情它們的苦難!
各位中國的遊客,面對這些殘酷的真相,我們悲慟萬分,為了海豚的生命和自由,
特此發出倡議:
•懇請大家不要購買海豚表演的門票
•懇請大家不要觀賞以動物犧牲為代價的娛樂表演
•懇請大家回國後多多向周圍的親朋好友傳達水族館的真相以及我們的訴求
世界上越來越多的國家的水族館已經開始禁止海豚的捕獲同展演活動。
然而唯有中國同日本,這兩個亞洲海豚犧牲量最多的國家,仍然沒有做出任何有效遏止這種虐待行爲的行動。
究其原因,還是我們的力量不夠。
讓我們攜起手來,讓保護動物的思想被重視,讓救助海豚的運動在中國發展起來!

2017513kk.jpg

水族館をボイコットしよう!
「取締水族館!!!」
イルカを助けてください!
「救救小海豚!!!」
一緒に声をあげよう!
「大家齊發聲!!!」

2017513ll.jpg

日本に旅行に来て、まさか中国語で何かを訴えているデモ行進に遭遇するとは観光客の方は思いもよらなかった事でしょう。
それはそれは珍しい光景だったことでしょう、笑
中国の方と思われる皆さまが一体何事かと一斉にこちらに目をやり、マイクに耳を傾ける光景は絶景でした、笑
今日は中国語のチラシもセットして、チラシも配りながらやってましたが、
自らチラシを受け取りにくる中国の方も目立ち、中国語の訴えのお陰で今日はいつもより効果的なデモになったのは間違いないのではないかと思います。
そして改めて感じたのが、主にチラシ配布してくれてたさゆみさんも言ってましたが、無関心な日本人の態度です。
この国の無関心な意識は何度も言い続けてるけど相当ヤバイと思います。
思ってた通り中国の皆さまの方が、問題に向き合う力は大きい。
今日メッセージを受け取ってくれた中国の人々が、何かしら行動を起こしてくれることを願います。

2017513mm.jpg
2017513nn.jpg
2017513oo.jpg

(動画)


『今日5月13日は、世界中の約60か所で、
イルカショーのための捕獲及びイルカの監禁と搾取に反対する国際イベント
「EmptyTheTanks」が行われています。
この日本は人口あたりの水族館の数が世界一と言われている水族館大国であり
沢山の海洋生物達が犠牲になっています。
水族館の目玉商品であるイルカショーに使われるイルカは、
日本の和歌山県太地町のイルカ猟から供給されており、
酷くイルカを苦しめ捕らわれている事から国際的にも大問題になっており、
世界中のあらゆる国で倫理的な観点から
イルカやシャチと言った海洋哺乳類の展示飼育を止める水族館が増え続けています。

水族館にとってイルカは単なる消耗品にすぎません。
イルカを繁殖させるのは大変難しく、絶えず自然界からイルカを供給しなければ成り立たないビジネスです。
そのため、水族館は金儲けのためにイルカの苦しみを徹底的に無視し、
自然界からイルカを連れてくることを止めようとしません。
それを支えているのが水族館の観客です。
皆さんが水族館へ行くのを止めれば、残酷なイルカビジネスを終わりに向かわせることができるのです。
つい最近のニュースでは、フランス政府が、飼育されているイルカとシャチの繁殖を禁止しました。
「仏、イルカなどの繁殖・捕獲を禁じる新規制 関係者から賛否」国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3127395
irukaFRANCE.jpg

今年の2月には韓国が和歌山太地町から購入したイルカがたった5日で死亡するというニュースがあり
韓国のネットユーザーからはイルカビジネスに批判の声が押しよせました。
また韓国のある水族館では、イルカを野生に返すプロジェクトが成功し
野生に戻ったイルカが繁殖に成功したという嬉しいニュースもあります。
また昨年は台湾最大の水族館、国立海洋生物博物館が、イルカなどの鯨類、
およびサメやマグロなどの大型魚類の展示を止めることを明らかにし、
今後の展示はすべてバーチャルリアリティに代えていくと宣言しています。
またアメリカのシーワールドは水族館ビジネスの裏側を描いたドキュメンタリー映画
「ブラックフィッシュ」の影響で観客が激減し、
目玉商品であったシャチのショーが今年ついに廃止になりました。
動物達が苦しんでいることを知った人々の、
倫理的な判断で動物を利用した娯楽に反対する声はどんどん高まっています。
 
一方日本では水族館大国でありながら、
いまだにイルカショーに行って自分たちの欲求を満たすことしか考えられない人ばかり。
イルカを捕まえて世界中の水族館にイルカを売り飛ばす残酷な商売が存在しているのは、世界で日本だけです。
和歌山県太地町では9月から3月まで毎年イルカ猟が行われ沢山のイルカ達が犠牲になります。
無理やり監禁施設に連れていかれるイルカ達の苦しみについて
日本人は一番考えないといけない立場にあるのではないでしょうか?
この日本にはイルカショーを見て自分が癒されることしか考えられない、心ない観客が溢れています。
イルカを自然界から無理やり連れ去る日本のイルカ猟やイルカを金儲けのために利用することを
一切やめようとしない水族館の実態に、世界中から冷たい視線が向けられています。
日本の皆さま!どうかイルカ達の苦しみに目を向けてください!
そして水族館をボイコットするという選択をお願いします!』

2017513pp.jpg
2017513qq.jpg
2017513rr.jpg

水族館に! 
行かないで!
イルカショー!
止めさせよう!
監禁施設に!
閉じ込めないで!
水槽の中は!
生き地獄!
海からイルカを!
捕まえないで!
動物達を!
苦しめないで!
調教ショーを!
止めさせよう!
水族館で!
癒されないで!
イルカの苦しみ!
考えよう!
娯楽のために!
苦しめないで!
水族館に!
さよならしよう!
イルカが泣いてる!
動物泣いてる!
水族館に!
さよならしよう!


2017513ss_2017051502114380f.jpg

請不要去水族館!
請停止海豚表演!
請不要拘束海豚!
水槽中的生活簡直就是人間地獄!
請不要撲殺海豚!
動物也有感覺!
請不要馴養海豚!
水族館不治癒動物!
請考慮海豚的感受!
請不要用海豚的痛苦尋開心!
請告別水族館!


2017513tt.jpg

折り返しで後半戦。
2017513uu.jpg
2017513vv.jpg
2017513ww.jpg

『水族館にいるイルカはほとんどが野生から無理やり連れてこられたイルカです。
イルカは群れで生きる生き物ですが、その入手先となってる和歌山県のイルカ猟では
水族館に売りとばされる若くて可愛いイルカ以外の家族や仲間たちは、
食文化という名目で肉として惨殺され家族の絆はめちゃくちゃに壊されています。
イルカは20年前の仲間を認識できるほどの驚愕的な記憶力を持っていることが判明しています。
水族館にいるイルカは自分たちが捕まり、
仲間や家族が殺され泣き叫んでいた時の光景を覚えているでしょう。
野生から連れ去られ監禁されたプールの中にいるイルカ達が
どれだけの悲しみを抱えているのかどうか皆さん考えてみてください。
水族館は教育施設と言われますが、水族館が完全にレジャー施設としてしか機能していない事は
水族館に足を運ぶ皆さんが何よりもご存じなのではないでしょうか?
水族館では海洋生物達の本来の姿を学ぶことはできません。
イルカ達に会いたいなら直接海に会いに行ってください。
観客がいる限りイルカ達はいつまでも囚われつづけます。
私たちにできることはひとつ。
水族館のチケットを買わないことです!
ただ見世物にされるために、一時の娯楽のために、彼らの一生をどうか奪わないでください。
水槽を空にしよう!EmptyTheTanks!』

2017513xx.jpg
2017513yy.jpg

水族館をボイコットしよう!
「取締水族館!!!」
イルカを助けてください!
「救救小海豚!!!」
一緒に声をあげよう!
「大家齊發聲!!!」


2017513zz.jpg
2017513aaa.jpg

こちらは4/22 東京で行われた水族館問題アクションの際の呼びかけ文です。
これを考えたアッコさんに了承をいただきデモでも読ませていただきました♪
「水族館問題アクション」 NPO法人アニマルライツセンター
http://www.arcj.org/animals/aquarium/00/id=1073#QJjbUDc.twitter_tweet_count_m

『種の保存や学術目的という大義名分よりも、娯楽目的のレジャー施設として運営されている水族館。
人間の一時の娯楽や癒しのために、海の生き物を野生から捕獲、水槽に監禁しています。
野生からの捕獲とは野生の生息数を減らすことを意味し、絶滅に加担しているとも言えます。
さらにはバレンタインや桜など、生態の紹介や教育とは関係のない行事・イベントに動物を利用、
経営や集客を調教ショーに依存しています。
今やJAZA(日本動物園水族館協会)に加盟している水族館は、
イルカ追い込み猟で捕獲されたイルカの入手ができなくなっています。
しかし、JAZAに非加盟の水族館は今でも野生から捕獲されたイルカを購入し、
ショーやふれあいに利用し続けています。
いずれにしても水族館経営におけるイルカショーへの執着は根強く、
繁殖に力を入れる動きはすでに始まっています。
野生からの捕獲ではなく繁殖ならいいということは決してありません。
イルカの人工繁殖率はたったの10パーセントと低く、
赤ちゃんイルカが死亡する痛ましい事故が連続して起きています。
また、漁の釣り針に絡まったアザラシを保護したという名目で野生のアザラシを調教し、
アザラシショーに利用している水族館もあります。
ショーの合間は小さな檻で待機させられているアザラシやペンギンもいます。
アメリカでは150年の歴史を持つ動物芸の「リングリングサーカス」が市民の抗議により閉鎖になりました。
サーカスでの動物芸はもちろん、水族館での動物芸もなくしていくべきです。
水族館では調教した動物に対して「絆」という言葉がしばしば使われます。
しかし、本来野生であるべき動物に対して「命令」と「服従」の関係を強いているに他なりません。
トレーナーがイルカをサーフボードのように乗り回す。
アシカに逆立ちをさせる。
これらの行為は動物への人間の優越感を助長し、
動物の保護への意識を失わせるため、教育としても不適切です。
娯楽と営利のために生き物を水槽に監禁し、芸をさせ、自由と命を犠牲にする水族館に行かないでください。
動物の調教ショーはいらない!』

2017513bbb.jpg
2017513ccc.jpg

はい本日もやってまいりました。
恒例のツイッターチェッ~~~ク(☞´◉ ਊ ◉)☞
子供たちに質問!命を思いやる力の一切ないお粗末な投稿をしてる愚か者がどれか解るかな?
こんな大人になったらダメだよ!って自ら見本をみせてくれてる人を見つけてね(*^。^*)
2017513tw1.jpg

2017513ddd.jpg
2017513eee.jpg

今日もペットショップが2軒続くエリアでは、一時的にコールを変えてペットショップの残酷さを訴えました。
京都では必ずここを通るので、2つのデモが同時に存在することになります。
この日本は動物を犠牲にしまくる腐った商売とそれを支える腐った意識の人間が溢れている。
犬と猫の殺処分問題をなくしていけない大きな原因のひとつであるペット産業(生体販売)がいまだに活性化している日本。
一体いつまでこんな事を訴え続けなければならないのでしょうか。
2017513fff (2)

ペットショップに!
行かないで!
命の売買!
止めさせよう!
ペットショップに!
群がらないで!
命の犠牲者!
増やすだけ!
動物飼うなら!
保健所行こう!
毎日たくさん!
殺されている!

(動画)


海外の方の反応にはいつも癒されます。
私たちに向かって拍手してくれた皆様。応援ありがとう!!
2017513ggg.jpg

(動画)



水族館に! 
行かないで!
イルカショー!
止めさせよう!
監禁施設に!
閉じ込めないで!
水槽の中は!
生き地獄!
海からイルカを!
捕まえないで!
動物達を!
苦しめないで!
調教ショーを!
止めさせよう!

2017513hhh.jpg

水族館で!
癒されないで!
イルカの苦しみ!
考えよう!
娯楽のために!
苦しめないで!
水族館に!
さよならしよう!
イルカが泣いてる!
動物泣いてる!
水族館に!
さよならしよう!

2017513iii.jpg

請不要去水族館!
請停止海豚表演!
請不要拘束海豚!
水槽中的生活簡直就是人間地獄!
請不要撲殺海豚!
動物也有感覺!
請不要馴養海豚!
水族館不治癒動物!
請考慮海豚的感受!
請不要用海豚的痛苦尋開心!
請告別水族館!


2017513jjj.jpg

約2時間。声をあげてくれた仲間達!お疲れ様でした!!
こないだ街頭活動してた時に署名してくれたクロダさんが今日はなんと途中参加してくれていてめっちゃ嬉しかったです!!
行動を起こし続ける限り、誰かの心に必ず届く。
Empty The Tanks☆2017
世界中で行動を起こした仲間達☆Special Thanks☆LOVE
2017513kkk.jpg
18472541_1399077273513107_85779765_o.jpg

デモ終わってなにげに座ってるだけの青ナンジャーかっこ良すぎた件、笑
時間ある時、こうやってただナンジャーで華麗に座ってるだけの1人アクションしてもええなと思いました♪笑
2017513lll.jpg

私たちの活動をぶっ壊すかのように、先日イルカの犠牲を増やすニュースがありました。
これに伴い、5/29関東で活動が行われるようですので参加できる方はどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m
水産庁へ「イルカ2種類の捕獲を認める方針の撤回を求める行動を」
https://www.facebook.com/events/2012079762348165/


終了後はバリバリインドネシアでVEGANお疲れ会♪
2017513mmm.jpg
2017513nnn.jpg

今日ココを選んだのにはVEGAN対応に加えもうひとつ理由がありました。
今日参加してくれた牧野さんは、なんとVEGANでありながら、小麦や大豆、それ以外にも複数の食べ物アレルギーを抱えておられる状態であられ(>_<)その件でバリバリ~さんならいけるかもしれないとお店に相談したところ、何とか対応してくれるという事だったからです☆
牧野さんのアレルギー表。
makinosan.jpg

これだけ食べられないとなると食の楽しみはやはり相当限られるし皆と一緒にご飯を食べられる機会はまずないとのこと。
だから今日は皆と一緒に食事ができて本当に嬉しいと喜んでおられててほんまに良かった(*‘∀‘)

動物性素材は勿論、小麦も大豆もその他アレルギー成分は何も使ってない
牧野さんと共有できたメニューはこちら♪
2017513ooo.jpg
2017513ppp.jpg
2017513qqq.jpg
2017513rrr.jpg
2017513vvv.jpg
2017513xxx.jpg
2017513yyy.jpg


一部私たちと共有できなかった※メニューは、代わりに牧野さん用に盛り合わせを作ってくださいました♪
インドネシアと言えばテンペ。
しかし大豆なので牧野さんは食べることができません。
その代わり今日はなんとひよこ豆のテンペがあるということでテンペも楽しんでもらえてよかった!!

※テンペフライ
2017513sss.jpg

※野菜春巻き(皮がダメ)
2017513uuu.jpg

※テンペチジミ
2017513www.jpg

【牧野さん用の特別プレート】
2017513ttt.jpg

これだけアレルギーあっても楽しめるバリバリインドネシアはオススメです♪
ごちそうさまでした( ^)o(^ )
2017513zzz.jpg
18471757_1938829823002739_732880540_o.jpg
スポンサーサイト