fc2ブログ

苦しみ続ける動物達のために❤さっち~のブログ❤№2

動物達の苦しみから目を背けさせようとアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してから5年。そのブログが容量いっぱいとなりましたので、こちらのブログを新しく作りました。宜しくお願い致します。旧ブログ→http://amour918.blog.fc2.com/

●ハガキアクションのお願い●母を殺して子を棄て去る蛮行を許さない!!ルール違反を犯しイルカの親子を襲い続ける #太地町イルカ追い込み猟 について【和歌山海区漁業調整委員14名に意見を!!】 

母は殺され赤ちゃん子供は沖に棄てられる。
母なしでは生きていけない赤ちゃんの死体が 
どれだけ海に漂っているんだろう…
棄てられた子供たちは母を殺された記憶を抱えて今頃どうしているのか…
こんな酷たらしいことがいつまで続くのか
続けて良いはずがない
続くことを絶対許さない・・・

今シーズン追い込まれた親子イルカの記録(一部)
スクリーンショット 2024-02-06 190838
スクリーンショット 2024-02-06 190929
スクリーンショット 2024-02-06 190955
スクリーンショット 2024-02-06 191025
スクリーンショット 2024-02-06 191051
スクリーンショット 2024-02-06 191139

和歌山県漁業調整規則にある、親子イルカは追い込む過程で出来る限りの方法で仕分け解放に努めなければならないとする努力義務の存在を、猟師たちは徹底的に無視して、むしろ積極的に親子イルカに攻撃を仕掛けている。
昨シーズンからこの問題について特に声をあげ抗議する人が増えている事もあってか、
猟師らは過激さを増し、まるで反対の声をあげる者たちに「止められるものなら止めてみろ。」とでも言わんばかりだ。
どれだけ意見を届けようが、太地町イルカ追い込み猟の問題に関してだけは、意図的に口を閉ざし続けてる岸本周平はただの老害と化し全くアテにならない。
最近では捕鯨推進ボスであり老害師匠である二階との仲良しぶりをアピールし出してる始末。
水産庁や和歌山県の水産局は、抗議電話等を受け、それが問題である事を認識はしているが、努力義務は強制力を伴うものではないため忠告した所で猟師を止める力は直接的にはない。
しかし決して努力義務は無視していいものではないはずだ。
この件について久々に水産庁に電話してみたが、親子イルカ捕獲に関する抗議意見は増えていて、その度に和歌山県庁宛てに報告を入れてはいるとの事。
ただ不確かな情報も多いため、水産庁としては訴えるのに、解りやすいデータが欲しいとの事で今日は1月19日のたった3頭の親子が襲われた件について情報提供した。
水産庁としては直接猟師に物言える立場ではないとの事だが、和歌山県庁から猟師に連絡は当然いってるであろうとの事だったので、猟師は解かってて親子イルカを襲っている確信犯なのだ。
殺されたお母さん達
棄てられた赤ちゃん子供達の無念を晴らすにはどうしたら…
何か他に方法はないかと情報を調べていたら
漁業調整委員会の存在に辿り着いた。
詳しくはウィキペディア「漁業調整委員会」で確認して貰いたいが、
「漁業調整委員会は、都道府県知事への諮問機関、建議機関として機能するとともに、委員会みずからが各種の裁定・指示・認定をおこなう決定機関として漁業に関する広範で強力な権限、機能を与えられている。」

中々の権限を持つこの委員会の存在にこれまで気づいてなかった、無知だった。
規則に関する順序的には知事より先にこちらに要望するのが正解だったであろう。
ココが動いてくれれば何かしら影響を与えられるかもしれない。
和歌山海区漁業調整委員会には14名の委員がいる。
そのほとんどが漁業関係者で成り立つ組織のため利害関係者もいるかもしれないし
これまた声が届きにくい可能性も勿論否定出来ないが、
それでも可能性がゼロではない限り出来る事は全部やるしかない。
委員会としてやるべき事はちゃんとやって貰わないと何のための委員会なんだという話だ。
親子イルカ達に対する容赦ない攻撃を許さない方も
是非一緒に声を届けてほしい。

2024年2月6日
14名の委員に、親子イルカに積極的に暴力をふるっている猟師たちの蛮行、その実態について、そしてその暴走を止めるために抑止力を伴う義務規定に引き上げる等の対策を行って欲しい要望含めた手紙を書き送付した。
和歌山AC1

1人あたり、5〜6枚に及ぶ内容。計70枚以上。
このようなアクションに慣れてるとは言え、手紙14通とは中々のハードな作業だった。
しかしハガキ1枚では到底伝えられない、また手書きにこだわりたい私はこの1週間この作業に明け暮れていた。
和歌山AC4
これはイルカ達が追い込まれ虐殺される絶望の入り江で数年前に拾った
まるでイルカ達の血が刻まれてるかのような石。
和歌山AC6和歌山AC11

犠牲にされた親子イルカ達の情報や猟師の嘘つきぶりが解りやすい資料も添えました。
和歌山AC8

まずは委員会でこの問題をしっかり取り上げて貰うのが大事。
そのためには先ずちゃんと情報提供がなされていなければならない。
そして、同じように訴えてくれる人達の声(数)が大事だ。
呼びかけ人としてある程度の情報は先に伝えたので、
今度は簡単なハガキで良いので14人の委員に声を届けてくれる方を求めます。
努力義務だからと言って無視していいはずがない!
わざと親子イルカを捕獲しルールを犯し続ける猟師達に厳しい罰則や新たな規則を求める意見を!!
和歌山海区漁業調整委員会宛てハガキアクション3

和歌山海区漁業調整委員会委員名簿
https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/071500/kaiku/_notes/20iin.html

以下、各委員の住所です。
調べた結果、数名が古い情報しか出てこなかったのでもしかしたら一部届かない可能性もなきにしもあらずですが、万一私が送った手紙が戻ってきたらまたお知らせ致します。
【和歌山海区漁業調整委員14名へのハガキ送付先】
※動いてくれなければこの先そうなる可能性もありますが、一先ず抗議先ではありませんので相手を責めるような乱暴な発言は控えていただくよう注意お願い致します。

①〒644-0024
和歌山県御坊市塩屋町南塩屋450-4
紀州日高漁業協同組合
「和歌山海区漁業調整委員会」
会長 松村 德夫

以下の山口氏は上の会長と同じ漁協の委員ですので
ハガキ1枚で2名記しても良いとは思います。
②〒644-0024
和歌山県御坊市塩屋町南塩屋450-4
紀州日高漁業協同組合
「和歌山海区漁業調整委員会」
山口太志

③〒649-5335
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地7-8-2
紀州勝浦漁業協同組合
「和歌山海区漁業調整委員会」
片谷匡

④〒640-8241
和歌山市雑賀屋町東ノ丁33
JFなぎさ信漁連 和歌山支店内
「和歌山海区漁業調整委員会」
藪 江津子

⑤〒645-0002
和歌山県日高郡みなべ町芝742番地
「和歌山海区漁業調整委員会」
みなべ町長 小谷芳正

⑥〒631-8505
奈良県奈良市中町3327-204
近畿大学水産研究所
「和歌山海区漁業調整委員会」
澤田好史

⑦〒646-0011
和歌山県田辺市新庄町2827-3
新庄漁協
「和歌山海区漁業調整委員会」
橘智史

⑧〒649-2201
和歌山県西牟婁郡白浜町堅田 2521番地
堅田漁業協同組合
「和歌山海区漁業調整委員会」
堅田隆弘

⑨〒649-3633
和歌山県東牟婁郡串本町大島1793-13
有限会社 丸擢
「和歌山海区漁業調整委員会」
東 敏之

⑩〒649-3503
和歌山県東牟婁郡串本町串本1884
くしもと両濱(株)
「和歌山海区漁業調整委員会」
吉田 俊久

⑪〒649 4115
和歌山県東牟婁郡串本町古座1025-1
和歌山東漁業協同組合 古座支所
「和歌山海区漁業調整委員会」
杉本 武雄

⑫〒640-0103
和歌山県和歌山市加太1271-2
加太漁業協同組合
「和歌山海区漁業調整委員会」
大川惠三

⑬〒649-1534
和歌山県日高郡印南町大字印南1262番地
「和歌山海区漁業調整委員会」
山本薫

⑭〒649-0316
和歌山県有田市宮崎町2347番地23
「和歌山海区漁業調整委員会」
嶋田和紀

以上、宜しくお願い致します。
和歌山AC9

スポンサーサイト