FC2ブログ

苦しみ続ける動物達のために❤さっち~のブログ❤№2

動物達の苦しみから目を背けさせようとアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してから5年。そのブログが容量いっぱいとなりましたので、こちらのブログを新しく作りました。宜しくお願い致します。旧ブログ→http://amour918.blog.fc2.com/

水槽に囚われるイルカ解放の未来が見えてきた☆すごいイルカロボットが登場!!中国の水族館からすでにオーダーの行列!!太地町と中国のイルカ取引は持続不可能 #娯楽のための犠牲をなくそう #イルカビジネスに終止符を #捕鯨反対 

まずこの動画を観てください。
まさかそんなはずない!!って信じられない気持ちになりました。
凄すぎる、、、このイルカがロボットだなんて!!!!!


この情報はライトアニマルの河合さんのツイッターで知りました。

中国はやはり、日本より世の中の問題を理解してまともな感覚を持っている、日本よりはるかに先を進んでいるように思える。
すでに中国からオーダーの行列待ちとか!!!
コロナで野生動物の食用取引が禁止になった影響も当然あるだろう。
今後生きものを扱うことはデメリットになる可能性が高い、持続可能な選択ではないと理解している証拠かと。
このイルカロボットが、本格的に流通してくれば、中国の水族館は太地町との取引に関心がなくなるのではないだろうか。
本当はこのようなものに頼らなくても、人々の思いやりの力だけで、イルカ解放の道が実現できればそれが1番いいに決まってるが、
人々の意識がそこに辿りつくまでに地球は消えてしまってるのではないか、犠牲者の存在も含めてその間に失うものも大きいだろう。
このニュースには希望を感じて興奮せずにいられない。

Kiwi entrepreneur's robotic dolphin may solve ethical dilemmas of aquariums
キウイ起業家のロボットイルカは水族館の倫理的ジレンマを解決するかもしれない

https://www.tvnz.co.nz/one-news/new-zealand/kiwi-entrepreneurs-robotic-dolphin-may-solve-ethical-dilemmas-aquariums
MON, MAY 11 • SOURCE (自動翻訳なので解りにくい表現がありますがお許しを)

As Chinese zoos and aquariums grapple with new bans on wildlife trade, a New Zealand tech entrepreneur is seeing unexpected interest in her latest project.
中国の動物園や水族館が野生生物取引の新たな禁止に取り組む中、ニュージーランドの技術系起業家は彼女の最新のプロジェクトに予期せぬ関心を抱いています。
robotDolphin1.jpg
Melanie Langlotz has helped build a life-sized robot dolphin that looks and swims just like a real bottlenose. Source: rnz.co.nz
Melanie Langlotzは、本物のハンドバンドのように見えて泳ぐ等身大のロボットイルカの構築を支援してきました。出典:rnz.co.nz

By Katie Todd for rnz.co.nz
Melanie Langlotzは、本物のハンドバンドのように見え、泳ぎ、人間のジェスチャーに反応できる等身大のロボットイルカの構築を支援してきました。
イルカを飼育下に置くことに対する倫理的な代替手段を提供するだけでなく、映画制作や野生生物教育のための新しいツールを提供するだけでなく、苦労している中国企業のギャップを埋めることになるかもしれません。
オークランドを拠点とする拡張現実ゲームの専門家であるMs Langlotz氏は、1年前に倫理的ジレンマから始まったと語った。
彼女と彼女のビジネスパートナーのLi Wangは、生きているイルカやクジラを水槽に入れて中国で水族館を設計するのを手伝うように頼まれましたが、どちらも動物の飼育のアイデアにはあまり満足していませんでした。
彼らは代わりにロボットまたは「アニマトロニクス」のイルカを使用するというアイデアを思いつき、それを現実のものにする決心をしました。
「私はこれまでアニマトロニクスと関係のある人なら誰にでも話せるようになりました。「これは難しすぎる」、「本当に難しい」、「実際のエンジニアリングアートワークだ」 「彼らは塩水にいるので、そこには多くの電子機器があり、それを長時間ディスプレイに置く必要があることは言うまでもありません。私はだれも見つけることができませんでした」と彼女は言った。
結局、助けの申し出は、スタートレックやジュラシック・ワールドのような映画のためにロボット動物を作るのを手伝った、サンフランシスコの2人のアニマトロニクス専門家、ロジャー・ホルツバーグとウォルト・コンティから来ました。
彼らの専門知識により、最初の270kgプロトタイプは今年初めにプールに飛び込む準備ができていました。
ディズニーの元副社長兼クリエイティブディレクターであるホルツバーグ氏によると、バッテリーの寿命は10時間で、塩水で10年間持続しますが、本当の魔法はそのリアルな外観にあります。
「このイルカは、骨格構造から、その骨格構造との筋肉の相互作用、実際の思春期のバンドウイルカの脂肪の袋や体重の沈着に至るまで、すべてをシミュレートするように設計されています」と彼は言った。
プロトタイプで泳いでいるボランティアは、すぐに承認のカチカチを与えました。
「人々は、彼らがそうではないと言われるまで、それが本当であると信じていました。それは本当に信じられないほどでした」とラングロッツ氏は言った。
その中には自閉症の子供がいて、その反応はホルツバーグ氏の注意を引いた。
「それは彼女が言わなかったものよりも大きな声で話しました。これは、夢中になって驚異的に集中された非言語的子供でした。私は、前にいたロボットの生き物に対する純粋で開かれた、愛としてしか表現できません彼女の」と彼は言った。
彼は、イルカが他の無数の用途の中で、行動障害の治療法として使用される可能性があると述べました。
「このタイプのテクノロジーはテーマ水族館に住んでいる必要はありません。私が想像すると、海に行くことができるクジラライダーの続編である場合、このテクノロジーは信じられないほどうまく機能します。このテクノロジーはまた、テレビ、その他の種類のストーリーテリングメディア、その他の種類の教育的手段も提供している」と語った。
チームは現在、イルカを大量生産し、機能的なブローホールを含む機能を追加する方法を検討しています。
彼らはまた、オークランドにあるケリータルトン水族館を設計したニュージーランドの会社、マリンスケープ社の助けを借りて、ロボットイルカを収容する特別なタンクに取り組んでいます。
買い手はすでに中国で待ち行列に入っており、政府は野生生物の取引を停止してCovid-19の拡散を阻止している。
「現在の運営者が水族館や水族館を古い方法で運営し続けることは非常に困難です。そのため、中国の主要なテーマパークの運営者のほとんどからアプローチを受けてきました」とWang氏は語った。
「(イルカの)ビデオを業界全体に紹介するだけで、彼らは私たちが提供できることにとても興奮しています。」
ホルツバーグ氏は、クジラやホオジロザメなど、他の海の生き物を模倣しようとしていると語った。
彼らの最終目標は、海洋捕虜産業全体を見直すものです。

Melanie Langlotz has helped build a life-sized robot dolphin that looks and swims just like a real bottlenose and can react to human gestures.
As well as offering an ethical alternative to keeping dolphins in captivity and a novel tool for movie-making and wildlife education, it could end up plugging the gap for the struggling Chinese businesses.
Ms Langlotz, an augmented reality gaming expert based in Auckland, said it started with an ethical dilemma a year ago.
She and her business partner Li Wang were asked to help design an aquarium in China with live dolphins and whales in its tanks - but neither were very comfortable with the idea of animal captivity.
They came up with the idea of using robotic or 'animatronic' dolphins instead and became determined to make it a reality.
"I started talking to anyone I could get my hands on who has ever had anything to do with animatronics. I was pretty much told that, 'this is too hard', 'it's really difficult', 'it's a real piece of engineering artwork' because they would be in salt water, there's lots of electronics in there, let alone that they need to be on display for a long time. I couldn't find anyone," she said.
Eventually, an offer of help came from two animatronics experts in San Fransico, Roger Holzberg and Walt Conti, who helped make the robotic animals for movies like Star Trek and Jurassic World.
With their expertise, the first 270kg prototype was ready to splash into the swimming pool earlier this year.
Mr Holzberg, who's the former vice president and creative director for Disney, said it has a battery life of 10 hours and lasts in saltwater for 10 years - but the real magic is in its lifelike appearance.
"This dolphin weighs, feels and has been engineered to simulate everything from the skeletal structure, to the muscular interaction with that skeletal structure, to the fat bladders and weight deposits on a real adolescent bottlenose dolphin," he said.
Volunteers who have been swimming with the prototype have been quick to give it the tick of approval.
"People just believed that it was real until they were told it was not. It was just absolutely incredible," Ms Langlotz said.
Among them was a child with austism whose reaction captured the attention of Mr Holzberg.
"It's what she didn't say that spoke louder than what she did say. This was a non-verbal child who was enthralled, astoundingly focused. I can only express it as sheer, open, love with the robotic creature that was in front of her," he said.
He said there's potential for the dolphins to be used as a therapetic measure for behavioural disorders, among a myriad of other uses.
"This type of technology doesn't just have to live in a themed aquarium. If I were to imagine ... a sequel to Whale Rider, where we could go into the ocean, this technology would serve that incredibly well. This technology could also serve television, other kinds of storytelling media very well, and other sort of educational means," he said.
The team is now looking at ways to mass produce the dolphins and add features, including a functional blowhole.
They're also working on special tanks to house the robot dolphins, with help from the New Zealand company Marinescape that designed Kelly Tarltons aquarium in Auckland.
The buyers are already queuing up in China, where the government's halted wildlife trade to stop the spread of Covid-19.
"It will be very hard for any current operator to keep operating their aquariums, their oceanariums, in the old way. So we have been approached by most of the prominent operators of the theme parks in China," Mr Wang said.
"Just by showing videos [of the dolphin] to the whole industry, they are so excited about what we can offer."
Mr Holzberg said they were already looking to replicate other sea creatures like whales and great white sharks.
Their end goal is to overhaul the whole marine captivity industry.

【追加情報】

中国の水族館は、野生動物の取引の禁止の中でイルカロボットに注目
https://www.scmp.com/week-asia/health-environment/article/3085252/coronavirus-chinese-aquariums-eye-robotic-dolphins?utm_source=copy_link&utm_medium=share_widget&utm_campaign=3085252
2人のニュージーランドのハイテク起業家は、彼らのアニマトロニクスの創造は海洋公園産業に革命をもたらすかもしれないと信じています
ロボットイルカは4000万~6000万米ドルの費用がかかり、発明者は、従来の水族館が本物の動物を維持するために支払うものよりもはるかに低い費用がかかると言います

本物のイルカのように見え、泳ぎ、反応する等身大のロボット:これは海洋公園の未来を垣間見るのですか?
中国の動物園や水族館がコロナウイルスのパンデミックの中で数十億ドル規模の野生動物取引を新たに禁止する中、
ニュージーランドの2人のハイテク起業家は、彼らのアニマトロニクスの創造が海洋公園産業に革命をもたらす可能性があると考えています。
このアイデアは、アニマトロニック・エンターテインメント・ポートフォリオの共同創設者であるWang Liとニュージーランドのビジネスパートナーが、
2年前に水槽に生きたイルカとクジラを乗せた海洋水族館を中国で設計するよう求められた時に生まれました。
彼らのどちらも、捕虜の生きている動物を娯楽として使うという考えに熱中しなかった。
「私たちは、これらの美しく素晴らしい生活は貴重であり、捕虜に表示されるべきではないと信じています」と、王が言いました。
彼らの倫理的ジレンマを克服するために、Wangとメラニー・ラングロッツ、拡張現実ゲームの専門家は、独自のロボット海洋動物を構築することを決めました。
彼らは、彼らのビジョンを実現するために、2人の米国アニマトロニクスの専門家、ロジャー・ホルツバーグとウォルト・コンティの専門知識を求めました。

ウォルト・ディズニー・イマジネリングの元副社長でクリエイティブ・ディレクターのホルツバーグはニュージーランドのメディアに、
最初の270kgのプロトタイプは10時間のバッテリー寿命を持ち、10年間海水で続く可能性があると語った。

「このイルカは、骨格構造から骨格構造との筋肉相互作用、実際の思春期のバンドウイルカの脂肪膀胱と体重沈着物まで、すべてをシミュレートするように設計されています」と、
ホルツバーグはRNZのインタビューで言いました。

Wang氏は、ロボットの目的は観客に「ハリウッドの大ヒットスタイル」の体験を提供するつね、と語った。

チームはロボット動物の精製と量産に取り組んでおり、王氏はコロナウイルス大流行が沈静化してから3年以内に中国市場からの需要だけで最大150件の受注が見えるだろうと予測した。
彼は、チームがすでに「かなりの数の著名な中国のバイヤー」と契約を結んでいると付け加えました。

約4,000万米ドルから6,000万米ドルに及ぶ最初のロボットイルカは、約2年後に納入される予定です。

王は、アニマトロニック海洋哺乳類の使用は、生きている動物よりもいくつかの経済的利点を持っていると言いました。
「10年間の事業運営期間と年間200万人の訪問者数に関しては、まともなアニマトロニクスエンターテイメントポートフォリオの全体的な投資とメンテナンスコストは、
伝統的な水族館が費やすものの約4分の1または3分の1以下しか占めません」と、彼が言いました。

本物の動物を模倣するロボット.人間は人間の利益のために投獄された動物を持たずに動物と相互作用し、学ぶことを可能にします。

プラトナ・シン、バン・アニマル・トレーディングのディレクター

南アフリカに拠点を置く2つの動物保護団体、バン・アニマル・トレーディング(BAT)とEMS財団は今月、
2016年から2019年の間に少なくとも5,035匹の生きた野生動物が南アフリカから中国に輸出されたことを明らかにした報告書を発表した。
BATのディレクターであるPrathna Singhは、この発明にうなずき、ロボットイルカの使用は「倫理的な娯楽と教育の方向への大きな前向きな一歩」であると述べた。

彼は、同様の発明が違法な野生動物取引を抑制できると信じていました。
「これらの施設やそれらに似た施設は、生きた動物を購入する必要がなくて、野生動物の取引に貢献しないでしょう。
ビジネス専門家は、この発明がアジアの海岸に初めて到達したときに人気があると考えていますが、訪問者の関心は時間の経過とともに薄れる可能性があります。
シンガポール工科大学ビジネススクールのマーケティングセクションで講師を務めるルーカス・トクは、
「生きている動物の捕虜の多くは行動の予測不可能性であり、消費者は一般的にこれに引き寄せられるので、1回の生涯で動物園やサファリを複数回訪れる理由です」と述べています。
しかし、動物園がイルカとの出会いが異なる方法でロボットイルカを実装することができれば、モデルは長期的には持続可能である可能性があります。
「これに似たアプローチを取れば、イルカの教育と自然環境の保全に向けて肯定的なうなずきになるかもしれない」とTok氏は述べた。

同様の見解を反映して、シンは言いました:
「見た目、感触、動き、行動の面で本物の動物を模倣するロボットは、人間が人間の利益のために投獄された動物を持たずに動物と相互作用し、学ぶことを可能にします。
シンは、娯楽の生きている動物が「過去のもの」である可能性が高くなるように、より多くのテーマパークが生き生きとしない代替手段の使用を採用することを検討すべきであると提案した。
トックは、過去10年間の消費者市場からの懸念が高まるにつれて、海洋捕虜産業の見直しが可能になるかもしれないと述べた。
しかし、これは国によって異なり、彼らの習慣を駆動する見解は異なるだろうと、彼は言いました。



生きたイルカを使ったイルカビジネスに終止符を!!!
robotDolphin.jpg
スポンサーサイト