FC2ブログ

苦しみ続ける動物達のために❤さっち~のブログ❤№2

動物達の苦しみから目を背けさせようとアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してから5年。そのブログが容量いっぱいとなりましたので、こちらのブログを新しく作りました。宜しくお願い致します。旧ブログ→http://amour918.blog.fc2.com/

動物達の首を片っ端から容赦なく切り落とす…あのネパールの世界一残酷な生贄イベント「ガディマイ祭り」は終わっていなかった…。2019年12月3日・4日ネパールにてガディマイ祭り。動物達の断末魔の叫び…あの恐ろしい光景が再び…。 #BloodlessGadhimai #GoVegan 

5年に1度、ネパールで続いてきた世界最大規模の動物虐殺イベント「ガディマイ祭り」
世界中からの非難、たえまない抗議活動を続けた人々の成果により
5年前に、禁止になったというニュースに喜んだ人たちは多いであろう。
そしてもう終わったと思っていた人も多いであろう。
私もそんなひとりである。


その情報をまとめた過去記事↓
2015.8.2「世界最大の動物虐殺祭 ガディマイ祭」が廃止に☆~命を捧げるたびに、 私たちの心は重くなります。 今、古くからの慣習を変える時が来ました。 殺戮や暴力を、平和的礼拝と祝福へと変える時期が来たのです。~
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1621.html
nepalgadhimai5.jpg
nepalgadhimai6.jpg
nepalgadhimai7.jpg

しかし、、、終わったと思っていたはずのガディマイ祭りは終わっていなかった…。
あれから5年。今日12月3日はその初日であり、明日12月4日も開催予定…。
現地で活動しているHumane Societyからの情報によると、必死の抗議活動は無視され祭りは開催。
犠牲者数は減ったとは言え、少なくとも水牛3500頭が犠牲に…。


今日12月3日のガディマイ祭りの様子↓
20191203nepal.jpg

犠牲になるところを救われた命↓
nepalgadhimai1.jpg
nepalgadhimai2.jpg
nepalgadhimai3.jpg
nepalgadhimai9.jpg

祭りがまだ行なわれていることは今日ARC岡田代表の投稿で知った↓


改めて情報をチェックしてみたけど、廃止宣言がなされその動きがあっただけで2014年を最後にすると言ってはいなかった。
見逃していたが2019年を最後にするというニュースは流れていたようだ。
廃止の動きがあるということを知らない、現地に情報が行き届いていないということもある一方で、
それを知っていても、知らないフリをして動物を会場に運ぶ人たちも多数いた模様。

まずは岡田さんが上で紹介されているネパールで抗議活動を続けておられる団体の情報から。
FAWN attenuating world’s largest cultural slaughter
https://myrepublica.nagariknetwork.com/mycity/news/fawn-attenuating-world-s-largest-cultural-slaughter?fbclid=IwAR3g3HdPAWdIdY4qzPRoj8Gj7sjs7TyQdYSbSrPs8VZHAjbFuN2UgBGwoSc
December 2, 2019 (自動翻訳機より。おおまかに意味は解るかと思います。)

ネパール動物福祉連盟(FAWN)は、ガディマイ祭りで世界最大の文化的犠牲を最小限に抑えるために、地元の人々と共に数多くのキャンペーンを精力的に実施しています。
このフェスティバルは5年ごとに開催され、ネズミ、ニワトリ、ヤギ、バッファロー、ブタなど数千匹の動物が虐殺されます。
主にバッファローは開放的な野原で虐殺され、非常に恐ろしい。
ネパールの最高裁判所は動物の犠牲を阻止する判決を下したが、何千匹もの動物が殺害のために寺院の敷地内に集められた。今年は11月17日に始まり、12月3日と4日に犠牲の日が予定されています。
ネパールからだけでなく、同数の動物が開かれたネパールとインドの国境から持ち込まれます。
したがって、FAWNのボランティアはネパールで動員されています - インドの国境は、祭りの間に生きている動物の違法な浸透をチェックします。
FAWNの開始の下で、寺院委員会は祭りの間に鳩を殺すことを完全に禁止しました。
同様に、寺院委員会は動物を殺す代わりに寄付するという考えを思いついた。
神殿委員会はまた、あまりにも若い動物が犠牲になることを避けるために殺害のために持ってきた動物の分類のポイントに来ています。
FAWNのスネハ・シュレスタ社長が率いるチームは、寺院の敷地内で組み立てられた動物の日常的な餌付けに従事しています。FAWNは彼らに無料のフィードを提供しています。
FAWNが発行したプレス声明は引用している。
スネハ・シュレスタは、インド政府はインドネパール国境を経由して動物の流入に対する厳しい警戒を維持することによって、完全に協力していると言いました。
しかし、ネパールからの検疫ポストの不在は、国境を越えて膨大な数のボランティアを動員するためにFAWNを強制しました。

ネパールのHumane Society Internationalより
https://www.hsi.org/news-media/2019-gadhimai-festival-animal-sacrifice-crackdown/

ラクサウル、インド – 動物保護グループヒューマンソサエティインターナショナル/
インドは、インドとネパールの国境弾圧が、数万のバッファロー、ヤギ、その他の動物の儀式の斬首を含む今年のガディマイ祭りで殺される動物の数を減らすことを望むと言います。5年ごとに行われるネパールのバラ地区の大量犠牲は、12月3日に開催される予定です。

もともと2015年に動物の犠牲禁止を約束したガディマイ寺院は、この問題に沈黙しており、HSIや他の地元の動物や信仰団体は、流血を止めるために介入するためにネパールの首相に直接訴えています。

HSI/Nepalが、2,000以上のバッファローが、主に暗闇の下で、犠牲のアリーナに国境を越えて取られていることを確認するにつれて、無血のガディマの希望は衰えつつあるようだ。
多くの水牛の子牛は、下痢の疑いと寒さへの暴露によってアリーナで死亡したと報告され、他の者たちは病気に冒されています。

人道協会インターナショナル、動物福祉連盟ネパール、動物の人々のチームは、インドの武装警察、サシャストラ・シーマ・バルを支援するために国境の両側に配置しました。
警察執行官が車両を停止してチェックする際に同行し、HSIは発見された動物を取り除き、禁止について信者と話すことで支援しています。
HSIの報告によると、これまでに数百頭のバッファローとヤギが押収され、インドに戻る旅をするためにさらに数百頭が追い返された。

ヒューマン・ソサエティ・インターナショナル/インドのチームは、ガディマイに最も近い国境の町ラクソールでSSBを支援してきたアロクパルナ・セングプタ専務理事が率いる。インドの家族は徒歩で旅を始め、インドで犠牲のために動物を購入したネパール人の信者は、SSBによって停止され、主にヤギやハトを飼っていました。

セングプタは、「SSBによって止められている事実上すべての人は、ガディマイ寺院が動物の犠牲を禁止することを宣言したことを認識していますが、とにかく動物を連れて来ています。
私たちのHSI/インドチームは、献身者と動物を助けるために話をしてきましたが、女神のために血の犠牲を提供する習慣が長い間持続しているので、人々の心を変えるのは非常に難しいことは明らかです。
少なくとも、5年前の最後のフェスティバルで今回よりも少ない動物を見てきましたが、流血を完全に止めなれないとしても出来る限り減らしたいと考えています。
最後のガディマイの悲惨な光景は、見た目の限りでは切り捨てられたバッファローで、今でも私を苦しませています。
私はそこに戻るのが怖いが、我々は証人を負担し、これらの無力な動物のためにできる限りをしなければならない。

初めて、ネパールの最高裁判所は、フェスティバルでの動物の犠牲を減らすために政府機関に指示し、ネパールの政府省のいくつかは、ガディマや他の場所で動物の犠牲を思いとどまらせる声明をここ数ヶ月で発表しました。
ネパールの文化・観光・民間航空省、内務省、通信・情報技術省は、動物の犠牲を減らし、落胆させ、最終的に終わらせるために、地元の新聞に通知を掲載しました。

2009年の最盛期には、ガディマイで約50万匹の水牛、ヤギ、ハトなどの動物が虐殺されたが、ヒューマン・ソサエティ・インターナショナル/インドなどによるたゆまぬ努力のおかげで、2014年には約3万匹に減少した。
この1年間、2019年のガディマイ・イベント、HSI/インド、HSI/ネパールに至るまで、FAWNと共に、動物を連れて来るのではなく、花やお菓子を提供するために、フェスティバルに参加する推定500万人の信者に代わりに花やお菓子を提供するよう促す巨大な市民啓発キャンペーンを進めました。
インドでは、HSIがビハールの動物飼育部、動物のための人々、地元のグループジャグ・ジャグラン・サンサンタンと共に、複数の言語や方言でラジオ広告や看板をスポンサーするほか、無血のガディマイ・メッセージを宣伝するストリートシアター演劇を上演しました。

カトマンズとバラでは、HSI/ネパール、FAWN、その他の動物福祉団体と共に多信仰団体が協力し、ネパールのすべての宗教、文化、カースト、民族、言語グループで宗教的な動物の犠牲を禁止するよう政府に要請している。
HSIはまた、国民にネパールの首相に、犠牲を止めるために介入するよう緊急の嘆願書を送るよう求めている。
伝統的に動物を虐殺し、死体を取り除き、皮をむくという厳しい任務を持つダリット・コミュニティ(ヒンドゥー教のカースト制度の中で最も低い社会集団)の一部のメンバーは、抗議によって彼らのサービスを提供することを拒否しています。

人道協会インターナショナル/ネパールのタヌジャ・バスネットディレクターは、
「ここネパールでは、この血液祭に対する反対が高まっており、すべての利害関係者に最高裁判所の判決を尊重するよう強く求めます。一部のダリットグループを含む動物福祉団体や宗教団体は、代わりに動物の殺害と思いやりの促進に反対している。ダリットが死体の殺害や除去を拒否した場合、死体は腐敗するので、神殿に健康と安全の頭痛を与えます。

HSI/Nepalは、ガディマイに持ち込まれたハトの犠牲を止めるために、動物福祉団体とマハガジマイ自治体による共同イニシアチブを支援してきました。
永久的な鳩の家は、献身者が解放と生涯のケアのために彼らの鳩を持参するように促されているに建てられました。マハガダミ市長とガディマイ・フェスティバル運営委員会は、ガディマイ・フェスティバルで動物の犠牲を減らす宣言を行いました。

HSIの国境警備隊の写真や#BloodlessGadhimaiの活動はこちらからダウンロードできます。
ガディマイ祭り2014のビデオと写真はこちらからダウンロードできます。

動物の権利活動家からの抗議にもかかわらず、数万匹の動物がガディマ島で虐殺されている
動物の犠牲をなくすために取り組む最高裁判所の命令に沿って、寺院は鳩を犠牲にすることを止めることにしました。

https://tkpo.st/34Exr1m
Laxmi Sah Published at : December 2, 2019

ガディマイ寺院の敷地内には、26のロパニスの土地に広がる大規模な食肉処理場があります。
火曜日には、この構造の中で、30,000匹以上の動物が犠牲になり、その床は血で赤く走ります。
食肉処理場には現在3,000のバッファローがいて、警察とワイヤーフェンスで保護されています。
開放された動物の半ダースは、他の多くが病気で薬を飲んでいる間、寒さのためにすでに死んでいる。
ジャーナリストや一般の人々は、写真を入力したり、写真を撮ったりすることはできません。

5年前、動物の権利活動家からの声高な抗議の後、メディアの多くの報道は、ガディマイ寺院がすべての動物の犠牲を禁止すると発表しました。
しかし、食肉処理場で犠牲を待っているバッファローの群れは、そうでないと言います。

「私たちは人々に動物を虐殺するよう頼んだのではありません」と、ガディマイ神殿管理委員会のラムチャンドラ・サー・テリ委員長は言いました。
「彼らは一人で来ました。結局のところ、それは彼らが遵守してきた伝統であり、それは祭りをとても人気のあるものです。我々は大量虐殺を支持しないし、反対もしない」

権力ガディマの女神に敬意を表して5年ごとに開催されるこのフェスティバルには、ネパールとインドから何百万人もの人々が参加しています。
月曜日の時点で,何千人もの人々がすでに犠牲の動物と一緒に神殿の敷地内に到着していました。

「私は女神ガディマを大いに尊敬しています」とインドのモティハリ出身のビシュワナト・カラワルは言いました。
「私たちは幸せに私たちの提供を提供しています。それは私たちの選択です。

水牛、ヤギ、ニワトリ、アヒル、ハトなどの動物を犠牲にすることは、この祭りの長年の特徴となっています。
マンガル・チャウダリー(神殿の主な司祭)によると、水牛を犠牲にする縁起の良い日は火曜日、他の動物については水曜日です。

「動物の権利活動家によるキャンペーンにもかかわらず、訪問者数は減少していない」と、今年約500万人の巡礼者を見込む67歳のチャウダリー。
委員会は今年3万匹以上の動物が犠牲になると予想している。

ガディマイはバリヤプールに位置し、バラの本社カライヤから北へ6キロ。
敷地内にはパサハ川のほとりに2つの小さな非記述的な寺院があります。
寺院の敷地内には池があり、水田に囲まれ、2つのダルマシャラがあります。

しかし、5年ごとに、この静かな空間は巡礼者や動物で生き生きとしています。
屋台や芸能人が一夜にして湧き上がる。ミニサーカスもあります。
多くの人にとって、大量虐殺は祭りに「栄光」を与えるものです。
しかし、2009年以来、神殿当局に対して、欲しい動物の犠牲を禁止するよう圧力が高まっている。

抗議行動を見越して治安が強化され、合計1,500人の警備員が地域に配備されました。
ネパールとインドの国境沿いには70台の閉回路カメラがあり、警備も強化されている。

「我々は巡礼者の安全に特に注意を払っている」とビカシュ・ラージ・カーナル警視は言った。

2016年8月、最高裁判所は大量虐殺に対する申し立てに応じ、ガディマイフェアで動物の犠牲を止めるよう政府に命令を出した。
ガディマイ5年祭りメイン委員会は、裁判所の命令に従うと述べ、鳩を殺さないことを決定しました。

「我々は、彼らが平和の兆候であると信じられているので、鳩を犠牲にしないことに決めました」と、委員会コーディネーターのナレシュ・シャーが言いました。
委員会によると、犠牲の水牛の年齢基準もあり、若い動物は犠牲になりません。

感染症から国を守る地区動物検疫局は、動物が運ぶ伝染病に対する意識を広めるキャンペーンを共同で開始しました。
また、適切な道路、電気、駐車場、飲料水、投棄場所、ラトリン施設もなく、病気が広がる可能性が高まっています。

これらのキャンペーンは、動物を保護するために私たちを刺激しました。
「私たちは鳩から始めています」とコーディネーターのサは言いました。

しかし、抗議にもかかわらず、大量虐殺は火曜日と水曜日に予定されています。
ネズミ、ハト、ニワトリ、アヒル、ブタ、バッファローの7匹の動物を犠牲にした後、虐殺は進行する。
フェスティバルの最後のイテレーションでは、推定10,000のバッファローが他の動物と一緒に虐殺されました。

過去には、ガディマイ地域のチャマールコミュニティは、犠牲になった動物を消費し、彼らの肉を取引しました。
他のヒンズー教の儀式とは異なり、虐殺された動物は犠牲によって家に持ち帰られるものではありません。
しかし、今年、チャマルスの一部は、フェスティバルをボイコットすることを計画しています。

第一に、死体は健康に良くない。「彼らは以前に私たちの多くを病気にしました」と、ボイコット委員会の秘書ラジ・ナラヤン・マハラ・チャマルが言いました。
「それはまた、私たちのコミュニティの威信に関連する主題です。犠牲になった肉を交換するので、多くの人が私たちを軽蔑します。フェスティバル委員会は死体を管理することができます。

チャマールによると、彼らは今年の祭りのプラサドとして野菜、ココナッツ、お菓子、ティカのみを受け入れる予定で、肉は受け入れません。

一方、動物愛護団体である動物福祉財団も、このフェスティバルで犠牲に反対する運動を開始しました。
しかし、キャンペーンは実際には離陸していないと、財団の議長スネハ・シュレスタが言いました。

ネパールでは、動物の福祉に関する行為はありません。
「我々は、政府が動物福祉に関する法律を導入することを要求します」と、シュレスタが言いました。
動物を犠牲にすることは迷信です。
宗教的なテキストのどこに、神々と女神が死んだ動物を望んでいると書かれていますか?

伝説によると、17世紀に1人のバグヴァンダス・タルがマクワンプルで殺人罪で投獄された。
タルはガディマの女神に祈り、フェスティバルの会場であるバリヤプルに連れて行くと約束した。
祭りは、司祭チャウダリーによると、その後、女神に敬意を表してタルによって始まりました。
しかし、シュレスタによると、動物を犠牲にすることは、常に伝統の一部として守られるとは限りません。

「かつてはサティ制度があったが、今では廃止された」と彼女は言う。
動物の虐殺も、サティのように廃止すべきだ。罪のない動物が殺されれば、神々は幸せになれないだろう。

以下は2015年の情報。
ネパール伝統の殺生祭 終結へ
https://www.epochtimes.jp/p/2016/01/24496.html
2015年09月14日 16時32分

 ネパールのガディマイ(Gadhimai)寺院では、265年前から5年に一度、世界最大の動物供犠を伴うガディマイ祭が執り行われてきた。祭りの時期になると、約250万人のヒンドゥー教信者がインド、およびネパール各地から牛、羊、豚などの家畜を連れてガディマイ寺院に集まり、連れてきた動物を生贄としてガディ女神に捧げ、神の加護を願う。インド政府が祭り期間中の動物の輸出を規制したにもかかわらず、2014年に開催された祭りでは20万頭の動物が殺された。

 短期間で数十万頭の動物が無惨に殺されてしまうガディマイ祭りに対し、世界動物愛護団体は抗議の声を度々挙げてきたが、最近ようやく「2019年の祭りを最後に、動物の殺戮を禁止する」とガディマイ寺院が宣言した。祭りの関係者は「古くからの慣習を変える時がきました。血まみれの殺戮や暴力を、平和的礼拝と祝福へと変える時期がきたのです」と話した。

 これに対し、ネパール動物福利連盟の責任者は「寺院側からこのような屠殺禁止令が発表されたことを、とても嬉しく思っています。しかし、我々の任務はまだ終わってはいません。この禁止令をより多くの人々が支持し、遵守するよう働きかけねばならないのです」とのコメントを発表。だが寺院側は、「265年の歴史を持つ祭りの儀式を短期間で変えるのは、とても難しいと思います。血まみれの動物を捧げてはじめて女神のご加護を得られると、多くの民衆が深く信じているからです」と指摘している。

 国際人道協会動物保護組織の顧問は次のように述べている。「当面の課題は、動物を供物として惨殺するのが非人道的な行為であることを、どのようにして多くの信者たちに理解してもらうかである。我々はこれからの3余年の間に、信者たちに正しい観念を教育しなければならない」

(編集翻訳・賢吾)

2014年当時の情報も改めて張っておきます。
ヒンズー教の祭り、規制でいけにえ10万頭減 ネパール
https://www.afpbb.com/articles/-/3033239
2014年12月3日 14:23 発信地:カトマンズ/ネパール [ アジア・オセアニア ネパール ] AFP BB NEWS

【12月3日 AFP】
数十万頭という動物のいけにえを捧げることで知られる5年に1度のヒンズー教の祭りが先月末、ネパールで行われたが、今年は隣国インドが動物の輸出を規制したため、いけにえの数が前回の約30万頭から約20万頭へと大幅に減った。

 この祭りはインド国境に近いネパールの村、バリヤプール(Bariyapur)で先月28、29日に開催された「ガディマイ祭」。
力を象徴するヒンズー教の女神ガディマイ(Gadhimai)に対し5年に1度、水牛やヤギ、ハトなどがいけにえとして捧げられるもので、インドやネパールから250万人ほどの信者が訪れる。前回2009年には推定30万頭の動物が首を切り落とされたり、喉をかき切られたりしていけにえとされた。

 この祭りに対し、動物愛護運動家たちからは動物の殺りくを止めるよう圧力が強まっていたが、インドの最高裁判所が今年に入り、この祭りに関連する動物の輸出を禁止。信者たちが水牛やヤギを寺院へ連れて行かないよう、警察に国境を監視させた。

 祭りの主催者側によると、このインド政府の規制措置により、今年いけにえとされた動物の数は推定20万頭と前回よりも約10万頭減少した。「インドの裁判所命令により、いけにえのための動物を連れていた多くの信者が国境を越えることができなかった。結果、今回はいけにえの数がかなり減った」という。

 一方、動物愛護運動家たちは今回の裁判所の決定を称賛しており、ネパールでの動物の虐殺を禁止させるために圧力をかけ続けていく構えだ。

 動物ネパール福祉ネットワーク(Animal Nepal Welfare Network)のマノジ・ガウタム(Manoj Gautam)会長はAFPに対し、「私たちの目標は、動物を宗教的ないけにえに用いるのを完全に止めさせることだ。インドでの輸出禁止措置はかなりの効果があったが、ネパール政府にこの野蛮な儀式を止めさせる必要がある」と話した。(c)AFP

~転載終了~

veganPP3.jpg

(追記)
その後、日本のメディアからも情報発信されてました。
また世界主要メディアからも情報多数発信されています。
そりゃそうだ。
世界最大のいけにえ祭り、ネパールで開幕 前回は動物20万頭が犠牲に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00000037-jij_afp-int
12/3(火) 23:34配信

【AFP=時事】ネパール辺境部の村で3日未明、世界最大のいけにえ祭りとして知られるヒンズー教の祭りが始まった。5年に1度開催されるこの祭りで、いけにえをやめようとする動きもあるが、信者たちは今回も多数の動物たちをいけにえにささげ始めた。

【関連写真】地面を覆い尽くす、いけにえとして殺された水牛の死骸(ショッキングな表現が含まれます)

インドとの国境に近い村バリヤプール(Bariyapur)では、厳重な警備態勢が敷かれる中、ヤギやネズミ、ニワトリ、豚、ハトなどのいけにえをささげる「ガディマイ祭り(Gadhimai Festival)」が幕を開け、地元のとあるシャーマン(霊媒師)が、自らの体の5か所から採取した血をささげた。

 サッカー場よりも広く、壁で囲まれた会場に水牛数千頭が集められ、鋭利な刀などを手にした殺処理係約200人が入場すると、興奮した信者たちは中の様子をひと目見ようと木に登った。

 祭りの主催組織の一人はAFPに対し、「いけにえは今日始まった。私たちはこれを支持しないようにしていたが、人々はこの習わしに信仰を抱いており、ささげ物と一緒にここへやって来た」と話した。

 力を象徴するヒンズー教の女神ガディマイをたたえる祭りを控えた数日間は、ネパール国内と隣国インドから集まった大勢の信者が、野外で寝泊まりをしながら祈りをささげた。

 2014年に開催された前回の祭りでは、2日間でヤギやネズミなど推定20万もの動物が殺された。

 だが2015年に寺院側が禁止令を出し、1年後にはネパールの最高裁判所も政府に対していけにえをやめさせるよう命じたことから、数世紀にわたって続いた習わしが終わりを迎えるとの期待が高まった。

 一方で動物愛護活動家らは、政府当局も寺院側もこうした規則を履行できていなかったと指摘。インドの国境警備当局やボランティアはここ数日、許可を持たない業者や信者が国境を越えて運び出そうとしていた多数の動物を押収したものの、大量の移送を阻止することはできなかった。【翻訳編集】 AFPBB News

(その他)
●DailyMail
Thousands of buffalo lie dead as the world's biggest animal sacrifice begins: 200 sword-wielding butchers carry out slaughter in Nepal, despite outcry over festival bloodshed
https://www.dailymail.co.uk/news/article-7750025/The-worlds-biggest-animal-sacrifice-begins.html

●Nepali Times
Night before the slaughter
https://www.nepalitimes.com/latest/night-before-the-slaughter/
スポンサーサイト