FC2ブログ

苦しみ続ける動物達のために❤さっち~のブログ❤№2

動物達の苦しみから目を背けさせようとアメブロを強制退会させられFC2に引っ越してから5年。そのブログが容量いっぱいとなりましたので、こちらのブログを新しく作りました。宜しくお願い致します。旧ブログ→http://amour918.blog.fc2.com/

2019.7.11~7.14「韓国の犬肉反対デモへ参加☆華麗なるアニマルライツツアー3泊4日 活動レポ」 韓国のペットショップ、韓国のイルカ問題、韓国のVEGANカフェ情報等、情報満載。 #動物はごはんじゃない #VEGANにならない理由が見つからない  

2019年7月11日(木) 韓国ARツアー初日
犬肉反対活動に参加するため、韓国へ旅立ちの日。
関西空港へは京都から直通で行けるJR特急「はるか」にて。
か、可愛い(*ノωノ)
たまたまキティちゃん号が登場して、テンション上がったオバハン。
キティちゃんを食べないで!!
現地活動家の方のお話では、韓国では犬だけでなく、猫も食べられてると聞いた。
猫は家庭でも簡単に繁殖できるため、簡単に商売になるとか。。。
どこかで終わっても、どこかで始まる。
動物を食べ物とみなしている限り、犠牲者が消えることはない。
2019711.png

同じ便で韓国へ飛び立つことになった、犬肉反対活動家のひろ子さんと関空で待ち合わせして華麗なる再会☆
ひろ子さんとは、京都でやった捕鯨反対デモに参加してくださった時ぶり。
体調があまり良くないと聞いていたけど、元気そうで良かった。
デモが行われる場所はソウルから更に片道4時間かかる場所。
また肉にされる犬達の姿を目の当たりにするかもしれない、
精神的にも何かとハードな旅になるのが予想されるから、出来るだけ体調万全で挑みたいところ。
2019711a.png

私の荷物を見て、ある空港スタッフが「え?韓国って犬食べてるんですか?」っと聞いてきた。
元々動物問題に関心持っていなければ、一般の人たちが犬食問題を知る機会は少ない。
韓国には日本人観光客も多数訪れているし、私たちの活動が日本人へのアピールにも役立ってほしい。
2019711b.png

ひろ子さんは手作りワッペンをつけて、後ろ姿もバッチリ犬肉反対アピール♪
2019711c.png

チェジュ航空にて、予定通り11:50発 仁川空港13:50到着予定。
因みにチケット代は往復で17740円!!安い。
預けるスーツケースがなければ、更に6000円くらい安く行けたという。
私は経済事情厳しいため、格安LCCチェジュ航空の存在がなかったら今回行くことを断念していたと思う。
チェジュ航空おおきに!笑
2019711e.png

行ってきます!!
2019711d.png

2時間もかからず、無事降り立った。韓国は近い。
私は15年くらい前に一度韓国旅行へ来たことがあるから2度目。
韓国へ行くことは2度とないと思ってたけど、こないだの中国の時と同じく、
動物問題に目覚めると視点が変わるから選択も色々変わる。
因みにひろ子さんは、去年も犬肉反対活動で韓国へ来られており、それ以外にも旅行でご主人と何度も韓国へは来ているらしい。
ただ、いつも車移動だったため、電車には乗ったことがないのだとか、笑
2019711h.png

空港からソウル市内までは一般的にはシャトルバスが便利なのだろうが、
今回は私の貧乏に合わせてもらい(^^;)
更に安く!!勉強も兼ねて!!電車での移動をお願いし、A'REXというソウルまで走ってる便利な空港鉄道を利用。
15年前より色々便利になっていた韓国。日本語表示もあちこちにあり、移動もスムーズで超助かった。
2019711i.png

A'REXには2種類あり、オレンジが直通列車で、ソウル駅までノンストップでより早く行けるのだが、走ってるのが1時間に2本なので、時間が合わなければ、そう時間の節約にはならない。
2019711j.png

なので今回私たちはもうひとつのブルーの一般列車の方へ乗る事に。
停車駅多くて少し時間かかるけど、10分に1本走ってるし、到着時間も直通に比べて10~20分ほど遅くなるだけ。
しかも金額も直通列車の半額くらいで済むから絶対こっちの方が得と判断♪
400~500円で、ソウル駅まで行けちゃいます♪
2019711k.png
2019711f.png

切符も日本語で買えてほんまありがたや~。
ただ韓国語は、読み方がさっぱり解らないため、駅名がカタカナで表示されてもチンプンカンプン、
結局ガイドブック等を見て、調べないといけなかったり、すんなりいかない所はあった。それは仕方ないこと。
2019711g.png
切符はカードになっていて、ピッっとタッチして入場。
地下鉄も同じ系。
2019711l.png
2019711m.png
2019711n.png

仁川空港からソウル駅まで1時間くらい。
ひろ子さんとお話ししてたらあっという間にソウル駅へ到着♪
2019711o.png
2019711p.png

空港鉄道の駅から地下鉄までは結構歩かないといけないけど、案内通り進んで地下鉄乗りかえもスムーズに出来た♪
2019711s_20190716142252472.png
2019711q.png
2019711r.png

1回きりの地下鉄の切符は毎回保証金(500ウォン)を取られるようになっていて、降りた駅の改札出た所の機械で、毎回保証金の返金手続きが必要。これはちっとめんどさい系。
2019711t.png

ホテルのある「乙支路3街」駅へ到着。
エレベーターやエスカレーターがなかったので、階段でスーツケースを運ぶしかない状況に。
私は日頃肉体労働で慣れてるからいいけど、ひろこさんが、めちゃめちゃ辛そうで笑顔消える件(笑)
電車に付き合わせて申し訳なかったっす(;^ω^)
2019711u.png

改札出てすぐ。ひろこさんのホテルに到着☆
そして、今回ひろ子さんは先に韓国行きの手配されていたこともあり、私はホテルは別。
またこのあと、名古屋でAR活動頑張ってる猫ちゃんと、はじめましての柴田さんという日本在住の韓国の方と合流して今回ツアーを共にするのだが、みんなそれぞれの条件に応じてホテルは別!
自立した大人の旅って感じ☆笑
(エリアは同じなので待ち合わせ等はスムーズ)
2019711v.png

ひろこさんのホテルからすぐ近く。私が宿泊するのはここ。「サニー ゲストハウス ソウル シティ」
格安&立地的に良かったのでここに決定。1泊4900円くらいだった。
2019711w.png
こちらもエスカレーターがなく、しかもホテルの部屋が5階ということで、まだ到着したばっかりなのに、オバハン息切れ半端なくて先行き不安、笑
部屋は必要最低限の設備があるだけ。これで良し。
2019711z.png

ただ浴室&トイレは良しとは言えなかった。
早速トイレを使用して水を流そうとレバーを探すのだが、レバーがなくて到着早々パニック!!
レバーが完全に破壊されていた件!!笑
すぐフロントに連絡して修理しにきてもらい解決したので良かったが。
2019711y.png

またホテル予約時にレビューで、「シャワーカーテンをつけてほしい」というコメントが多数だったのだが、なるほどなと。
トイレとシャワーが近すぎて、シャワー浴びたらトイレがびしょ濡れになること間違いなしで笑った。
もうこの際、華麗にトイレを濡らしてやろうと開き直った私。
お陰で心地よいシャワータイムでした、笑
2019711x.png

チェックイン後、韓国語のガイド役も務めて下さる柴田(ウンシン)さんと無事合流☆
柴田さんは、韓国で犬肉反対活動を行っている有名な団体「ダソム」のメンバーでもあり、去年もひろ子さんと一緒に活動に参加されました。現地の状況に詳しいメンバーがいるのはとても心強い☆
2019711aa.png

ウンシンさんと合流して早速向かったのは、ソウル国会前。
これは韓国政府の責任だ!!犬達をどうにかしろ!!っと、犬肉農場から救出された犬達と共にテントを張って抗議活動を行っている方たちがいるとの事で、私たちもささやかながら応援に立ち寄った。
2019711bb.png

すぐ近くの公園?にテントが張られている。
立ち退きを命じられているが、それでもこうやってずっとここにいられるというのは、韓国政府がどこかでこれを認めている、黙認して(くれて)いるということなのではないかと。
文大統領も2年前に犬肉農場からレスキューされた犬を家族に迎えたのは有名な話。
韓国の犬肉問題は、食の部分だけでいうと日本の捕鯨問題に例えられるが、
安倍(日本)だったら、こんな事しようものならどんな手を使ってでも即刻撤去させやがるだろう。
またこの抗議活動もそうだが、韓国では犬の屠殺場に直接乗り込んで犬たちを救出する活動が行われていたり、
やることが何もかも日本とは桁違い。
日本の活動の弱さ、(己の)未熟さが恥ずかしくなって、いたたまれない気持ちになったりもした。
2019711cc.png

迎えてくれたのは、「いらっしゃ~い」っと、一足お先にテントへ足を運んでいた猫ちゃん、笑
今日来たばかりとは思えない、まるで、もうここでずっとボランティア作業しているベテランかのような貫禄があり、猫ちゃんのどこにでも馴染む適応能力の高さには笑った件、笑
2019711dd.png

今回韓国ツアーを共にするAR仲間が無事全員集合☆
2019711ee.png

ここの存在はニュース等でも報道され知れ渡っているそうで、
毎日自主的に色んな方が訪れボランティア活動していかれるそう。
ただ、訪れる中には活動妨害を企てる犬肉業者関係者も混ざっているらしく危険ということで、中に入る時は身分証明書の確認等が必要だったり、誰でも簡単に中に入れる訳ではありません。
2019711mm.png

「この子は、こんな性格でこんな一面があるんだよ~♪」っと、まだ滞在して数時間なのに、すでにそれぞれの犬達の性格、特徴等を掴んで教えてくれた猫ちゃん、流石っす、笑
2019711jj.png

ここで優しくされて人間への恐怖を克服した子達が多いのでしょうか?
尻尾をフリフリして嬉しそうにする犬達が沢山。
2019711nn.png

こんなに愛くるしい子たちが肉にされるはずだったなんて。
ここにいるのは本当にラッキーな子たち。
そして明日はボクナル初日。
犬肉にされるはずだった犬達と触れ合い、この子たちと同じ子たちが殺されていく、それが紛れもない現実であることを受け入れないといけないことがショックだった。
2019711ll.png

この子はすぐに噛むから気を付けてと、注意書きされている人間不信たっぷりのワンコ。
そんだけ怖い思いしてきたんだよね。人間不信になって当然だよね。
人間だって人間不信になるくらいなんだから。
2019711kk.png

この子は、ずっと怯えてて人間が怖くて仕方がない様子。
同じ人間で申し訳ない。。。ごめんなさい。
2019711pp.png

この子は、里親さんが見つかりアメリカへ行くことが決まっているそう。
アメリカやカナダは、保護意識が高いことは勿論、犬を送る手続きが2ヵ月ほどで比較的早く終わることもあり、
レスキューされた犬達がアメリカやカナダに行くことは多いそう。
因みに日本は手続きに約7ヶ月ほどかかるそうで、里親になりたいと思っても、日本へ犬を送り届けるのは困難なようです。
2019711ff.png

めっちゃ人懐っこい子は、里親さんが見つかるのも早い。
ここに来て驚いたのは、これだけの犬達がいるのに臭いが全くない、清潔に保たれている事。
それもボランティアさん達が、まめに掃除&お世話してくださってる証拠。
2019711hh.png
2019711ii.png

全ての子たちに一刻も早く安住の地が見つかりますように。
日本でも里親になりたい方がいれば一応受付はしてくれるようです。
ただ7ヶ月の間どこに犬達を置いておくのかが問題になりますが・・・。
2019711gg.png

今日は明日に控えて早めにホテルに戻ることにしたので長居はせず、見学と簡単にお掃除のお手伝いくらいで終えた。
2019711qq.png

この日いた現地ボランティアさん達は7~8人くらいだったかな。
片言で日本語話せる子もいて、色々教えてくれた。
若い子たちが中心で、犬達の力になろうと色んなアイデアを形にしている。
これもそのひとつで、レスキューされた犬達の写真をカレンダーにしたもの。
支援として、私も1冊お買い上げ。約2000円と高めだけど、レスキューしたうちの半分くらいの子は状態悪く病院にいるとのことで、治療代だけでも相当なもの。
日本で欲しい人いたかもしれないし、もっと沢山買って帰ってくればよかったなぁ。っと今更だけど。
2019711oo.png

今何かと韓国と日本が揉めているので、日本人を良く思わない人が多いかもとウンシンさんも心配されていたのだが、
そんな事は全くなかった。私たちを受け入れ色々案内してくれた韓国のボラさん達!ありがとうございました!!
猫ちゃんは13日帰国だが、私とひろ子さんとウンシンさんは13日に再訪予定。
2019711bbb.png

ホテルに戻る前に、4人集まったので滞在中の打ち合わせ兼ねて、韓国で初のVEGANご飯タイム。
事前にソウルのVEGANカフェ情報をチェックしてみたが、意外に数が少なく選択肢は少なかった。
この「PLANT」は真っ先に情報が出てくる&韓国で数少ないVEGANカフェのひとつ♪
梨泰院(イテウォン)というエリアにある。韓国はタクシー代が安いし時間の節約にもなるから国会前から皆でタクシーで来た。
地下鉄で行く場合はこちらの方が行き方を詳しく説明してくれている。
ビーガン・ベジタリアンレストラン『PLANT』@梨泰院
http://ソウルなう.com/ビーガン・ベジタリアンレストラン『plant』%ef%bc%a0梨泰
2019711pl.jpg
いらっしゃいました~♪
2019711ss.png
シャレオツで明るい店内。店員さんはほぼ全員欧米系の方って感じでした。
2019711tt.png
情報ではお客さんも欧米系の方たちばっかりで、韓国っぽくないと聞いていたけど、私たちが行った時はお客さんは韓国系の方たちが多く、その光景にホッ(*‘∀‘)
だって韓国は日本よりVEGANブームキテル!って思いたかった?から、笑
2019711ww.png

少し前、韓国の焼肉店をVEGANが襲撃したというニュースもあったし、勢いが凄い!!
街頭活動なんかみても、韓国のVEGAN熱い!!!って感じてたからそう思いたくなって当然♪
これは、7月6日にソウルで行われたアノニマス・フォー・ボイスレスのCUBE活動。凄い参加人数です。
https://www.facebook.com/100036200942111/videos/129981788218519/


ソウルでお初の動物の犠牲を避けるVEGANご飯♪いただきま~す♪
2019711pl2.jpg

せっかくなんで今日は猫ちゃんと「アジア犬肉紀行」のTシャツをお揃いで着て軽い啓発を。
手に持ってるのはデモ用に今回作っていった「STOP DOG MEAT」Tシャツ。これもオソロで♪
犬だけが可哀相なんじゃない、すべての動物達を助けよう、GO VEGANメッセージを添えて♪
2019711pl1.jpg

お店の看板にもVEGANって書いてないし、メニュー表に、チェダーチーズとかも書いてあるから、
ここは本当にVEGANの店なのか疑って、店員さんに確認したけど、スイーツも何もかも全部プラントベースのVEGAN仕様だから安心してとのことでした、笑
知らない人がメニュー見たら、VEGANの店って気づかれなさそう^^;
VEGANボールに、VEGANバーガー、VEGANパスタ。
どれもボリュームたっぷりで味も中々の美味しさ!
猫ちゃんは1人で、VEGANボールとパスタ2つ頼んであまりのボリュームに苦しくなって最後お持ち帰りしてた、笑
ごちそうさまでした!!
2019711uu.png
2019711xx.png
2019711yy.png
2019711zz.png

帰りは、ひろこさんの携帯充電のバッテリーがまさかの壊れてしまい、
翌日のデモの撮影とかできなくなったら大変ということで、
明洞に寄ってバッテリーをゲット。
2019711aaa.png

これは100円ショップ、ダイソーのビル。でかい。
2019711eee.png

15年くらい前に韓国来た時に行ったサウナを見つけて懐かしい気分にもなった、笑
2019711ddd.png

ホテルに戻ったのは23時くらい。
2019711hhh.png
2019711ggg.png

デモで使う横断幕のセットとかなんやかんや色々してたら、あっという間に深夜1時くらいに。
朝4時起きのため、慌てて布団に入るものの、気が立ってほとんど寝れずでヤバス、、、
肝心な日だというのに、絶不調で迎えた朝(@_@;)
どうか体力が持ちますように・・・。
オバハンがんばれ!!!笑
2019711fff.png

2019年7月12日(金) 韓国ARツアー2日目

朝の5時にみんなと集合して、地下鉄始発でチルソン市場での犬肉反対デモ行きの貸切りバス乗り場へ向かった。
我ながらナイスデザインの本日の装い♪オソロで着るとより目立って良い♪
2019712demo1.jpg

ボクナル初日のこの日は、ソウル国会前でもデモが行われ、
なんと、有名な女優のキム・ベイシンガーもアメリカから駆けつけるとのこと!!
それを聞いた猫ちゃん「え~!私こっち止めて今からソウル国会前に行こうかな~♪」と。
「ミーハーか、おい!!!」って勿論つっこんで引き止めた件、笑
2019712demo2.jpg

迷った場合のことを考え早めに出発していたのだが、
迷うことなく無事集合場所へ到着した私たち。
2019712demo16.jpg

そこで私たちの到着を待っていてくれたのは、ダソムの代表の金さん☆
ダソムは、保護団体と連携して犬肉業者や繁殖現場から犬たちを救出している団体だそう。
金さんは日本にも住んでいたことがあり日本語ペラペラで超心強かった☆
2019712demo10.jpg

ひろ子さんと、そして金さんも昨夜は一睡もできなかったそう(>_<)
みんなと一緒なら乗り越えられる!っと元気づけられた件♪
2019712demo3.jpg
2019712demo4.jpg

今日は宜しくお願いします!
2019712demo11.jpg

貸切バスは2台とのこと。
全く未知の世界!一体何人くらい集まるんだろう!
続々と集まってくる参加者の皆様。
その多くは韓国で犬猫を守っておられる団体の方たちだった。
みなさん、自分たちの団体のTシャツを着て参加するのが韓国の活動スタイル?のよう♪
2019712demo15.jpg
2019712demo14.jpg
2019712demo13.jpg

日本のデモで、あちこちの団体が協力しあうこのような光景が見られることはないから、
この光景がとても新鮮で感激だった件。
韓国で犬肉反対運動が盛り上がっているのは、このような協力しあう姿勢があるのが大きいのではないのだろうか。
2019712demo5.jpg

朝7時。いよいよ、チルソン市場のあるテグ市へ向けてバス出発。
ソウル国会前でのデモがあることもあってか、
バス出発時、こちらの参加者は約50名ほどとなった。
2019712demo6.jpg

到着まで4時間の道のり。
元気そうに見えるけど、私は車酔いもあってバスの中では完全ダウンモード(^_^;)
バスの中で少しでも寝ておきたい。行ってきま~す!
2019712demo7.jpg

出発して早々に、それぞれ自己紹介の時間が設けられた。
猫ちゃんやひろ子さんは英語話せるので英語で。
ウンシンさんは勿論韓国語で。
私は唯一話せる日本語で挨拶しました、笑(他にも日本語話せる方ちょいちょいいたので少しは伝わったと思う♪)
2019712demo17.jpg

この日、ご飯どうしようかと思っていたのだが、
私たちがVEGANと知って、事前にVEGANのキンパを用意してくれていた関係者の皆様の優しさに感動。
他にも、途中のサービスエリアで、ポテトを差し入れしてくれる方がいたり、
皆さんにはほんと色々良くしていただきました、本当にありがとうございます(TωT、)
2019712demo8.jpg
2019712demo30.jpg
(トイレ超不安だったから、途中で休憩あって助かった。)
2019712demo18.jpg
2019712demo21.jpg

車内から「七星(チルソン)市場」という看板が見えて、息が止まりそうだった件。
ついに来てしまった。
ボクナルのために、
そして肉食を許す人々のせいで、
殺される犬たちが沢山いる場所へ。
2019712b.jpg

市場界隈に到着してバスを降りる。
2019712demo22.jpg

まずは、大きな道路に面したところで、集会(パフォーマンス)があるとのこと。
ここに来て、別ルートで到着した他の団体の方たちと更に合流する形になり、一気に人が増えて驚いた件。
海外のデモの迫力は凄いと前から思ってたけど、今回韓国に来てそれを目の当たりにした。
韓国の結束力、ほんと凄い。
そして日本が本当に本当に遅れすぎているだけで、これが世界のスタンダードなんだと。
2019712demo23.jpg

ダソムで一番のお偉いさんである理事も到着され記念撮影。
隣に映ってるSTOP DOG MEATのTシャツを着ているのは、ダソムと連携して救出した犬たちを保護しシェルター運営されてるARK(アニマルレスキューコリア)の方々。
翌日こちらのシェルターに見学兼ねてお手伝いに行こうかと当初考えていたのだが、
お話を聞くと、お手伝いしてもらうことは特になく、見学だけになるということと、
場所が遠くて1日がかりになるとのことで、悩んだが今回はシェルターの訪問は諦めることに。
2019712demo24.jpg

韓国で一番有名なテレビ局らしい「KBS」その他、多数の報道陣も駆けつけて、凄い熱気。
そんな光景を見て、私が今年行なった、商業捕鯨再開に抗議する捕鯨反対デモのことを思い出さずにはいられなかった。
韓国の犬肉問題は、韓国内でも非常に問題視されていて、
日本で言うと、いまだあちこちでニュースになっている商業捕鯨再開問題が思い浮かぶが、
それだけマスコミが取り上げていながら、私が3月に行った捕鯨反対デモは一切ニュースにならなかった。
参加人数もそりゃ酷いものだった。
そんなこともあり、日本に欠けてるものが、すべてここに集まってる気がして、日本の未熟さを恥じると共に、羨ましい気持ちでいっぱいになった。
2019712a.jpg
2019712e.jpg
2019712c.jpg
2019712f.jpg
2019712g.jpg

わたしたち日本人の存在を見つけてくださった、韓国日報の記者からインタビューも受けた。
(その後、韓国で私たちの声を発信してくださったかは不明だが)
2019712h.jpg

デモ前の集会で、最も注目されたのは、探していた飼い犬を犬肉業者に殺され涙ながら訴えておられたこちらの女性のスピーチ。
参加者の多数の瞳からも、涙が溢れ出ていました。
2019712DEMOZZ.jpg
2019712i.jpg
2019712k.jpg
2019712j.jpg

集会の終盤「千の風になって」の韓国語版が流れる中、
ひとりひとり、犠牲になった犬たちへ向けて、それを支える消費者へ向けて、この世の中へのメッセージを記し、
菊の花に添えるパフォーマンスがありました。
皆さん、涙ながらに、想いを綴っておられました。

「千の風になって」
私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

秋には光になって 畑にふりそそぐ
冬はダイヤのように きらめく雪になる
朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
夜は星になって あなたを見守る

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 死んでなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

あの大きな空を
吹きわたっています
2019712DEMOZ.jpg

いよいよ、デモ行進のスタート。
チルソン市場では、犬肉業者との衝突も考えられるとのことで、警官の動員数も凄かった。
2019712l.jpg
2019712m.jpg

韓国では、現地活動家の皆様のお力によって、犬肉産業がどんどん縮小傾向にある。
まだまだ問題が山積みとはいえ、最後の追い込みの段階に来ているとも思う。
今日のこの1歩も、大きな後押しになってほしい。
「犬肉反対!!!」「犬たちを助けて!!!」
どうか、このブログを見ているあなたも、そんな一員になってください。
そして「動物はごはんじゃない」と、どうか認めてはいただけないでしょうか?
2019712n.jpg
2019712o.jpg
2019712p.jpg



デモ行進についてのレポートは、FACEBOOKで上げた自分の投稿をここに転載しておくことにします。

チルソン市場活動レポ。
バス出発の際は50人くらいだったのに、その後現地に着いたら他の動物愛護団体や地元で犬肉反対活動してる人たちも集結して、150人くらい程の規模になったチルソン市場でのデモ行進。
韓国のテレビ局も駆けつけ凄い熱気、迫力。
素晴らしい団結力。
日本もこんな光景が見られるようになったらいいのにねと、日本の未熟さをまた思い知らせた件。
デモ前の集会で、1~2年前に行方不明になった愛犬を探している最中に、いつの間にか愛犬が肉にされてしまっていたという、とてつもなく酷い被害に遭った女性が涙ながらに訴えておられ、強烈な悲しみが参加者の心に届く。
より犬肉をなくしたい想いを強めてデモ出発。
今日は事前に注意があり、犬肉業者らがピリピリしているため、刺激を与えないよう市場内は、一切声をあげずサイレントデモでいくとのこと。
韓国で犬肉産業の規模が小さくなっている背景には、動物保護団体らが犬肉業者らと、様々な交渉を続け犬たちを買いとったりしながら閉鎖に追いこんでいる状況がある。
犬肉業者の機嫌をただ損ねて関係を悪化させるのは得策でないという考えからのサイレントなのかなと。
デモ隊はスタートして早速チルソン市場に突入。
今日はかなりの覚悟をしてきたのだが、犬たちの姿が見えない。
デモがあるのを知って犬を隠したらしい。
イルカ追いこみ猟をシートで隠す太地町のことを思わず思い出した。
今日はせっかく遠く離れた地まで来たのだから、現実を伝え広めるために、犬たちが陳列されてる姿を出来れば目撃したかったから、言い方はおかしいが啓発的には残念だった件。
犬を隠してると言っても、せめて鳴き声くらいは聞こえるのではないかと思ったのだが、話を聞くと肉にされる犬たちはとても静かにしてるらしい。
何故なら、、
自分の存在を知らせてしまったら、肉にされるために連れていかれる、怖い目に遭わされることを知っている。
だから犬たちは恐怖に怯えながら自らの気配を消しているのだとか。。
もう何もかもが本当に悲しすぎる、泣。
また今日は1回目のボクナルなのに、市場が盛り上がってる様子もない。
目立ったある犬肉店には、無駄に勘違いの精力をつけたがる汚らわしいジジイどもが集っていたが、全体的に市場はひっそりしていた。
犬たちを隠さないといけない、堂々と自信持って商売できない、しかも世間はどんどん犬肉から離れてるのは明らかなんだから、いい加減その現実を認めろよと思う。。
そして韓国で犬肉反対活動が勢いを増し続けている状況から、そうなるのも遠い未来に思えなくもない。
事前に情報収集して知っていたが、チルソン市場で売られてるのは犬だけではない。
今日はウサギや鶏がカゴにつめられて売られていた。
ある1匹のウサギは今にも死んでしまいそうな、とても弱った状態で、しかも鶏と一緒につめこまれており、そんな風に動物達を扱える感覚に驚く。
しかしそれも何もかも動物を食べ物にしている人間が引き起こしていること。
動物を食べものにするということは、そのような狂った感覚を生み出すこと。
まずは犬肉から解決に向かわせるのはいいと思う。
ただその先に犬が助かったらそれで満足してしまうとかあって欲しくない。
犬だけ助けてと叫ぶだけでは、またどこかで同じ犠牲が生まれる、動物達を真に救い出すことにならないんだということを、参加者の皆さまにも感じてほしいと思った。
そんな想いもこめて作っていった横断幕。
チルソン市場のあるテグは、意外にも都会で、その後デモ隊は繁華街からテグ市役所まで行進。
デモ行進が終わったあとは、各団体代表によるスピーチ、そしてその後は犬肉の犠牲になった犬たちに向けた献花パフォーマンス。
最後は市役所に向けて一斉でコール。
ただデモ行進をするだけで終わりではない。
デモ前後の時間もとても有効に活用され、またその熱気が最後の最後まで冷めることなく韓国の皆さまのその強い想いに感心すること多数だった。
そしてこれだけの情熱があってこそ、世の中を変えていけるんだなと思った。
人間に連れていかれないようにと、存在を消してひっそりと犬肉市場で生きなければならない犬たち。
犬ではないという理由で存在さえなかったことにされる見た目の違う動物たち。
助けたいと思うなら、この現実を世間に知らしめ声をあげる、動物を食べるのをまずは止めることがまず最低限出来ることだと思う。
主催者の皆さま、参加者の皆さま、
今日は本当にお疲れ様でした。
私たち日本人にとても優しく接してくださり、仲間に入れていただき本当にありがとうございました。
カムサンミダ。
本日ボクナル初日。
韓国チルソン市場と、ソウル国会前でもキムベイシンガーが先頭に立ち大きな抗議活動が行われた。
またロサンゼルスでもデモがあったよう。
なんと、今日ソウル国会前では、犬肉反対活動に抗議する、犬肉推進デモが犬肉協会によって行われたとのこと、怒
韓国にもそのような種類の人たちがいるんですね。
これまた日本の太地町でイルカ猟反対活動前で、クジラ焼肉パーティーをした汚らわしい団体を思い出さずにはいられません。
今日の各デモの情報、ももこひめさんが詳細まとめてくれてますのでこちらも是非ご覧ください。
https://ameblo.jp/momokohime7/entry-12493244886.html
~転載終了~

【デモ中の写真&動画】

声を消して、犬たちが陳列されているはずの、チルソン市場へ突入。
2019712q.jpg
2019712r.jpg
2019712s.jpg

市場の中で一際目立っていた犬肉レストラン前を通過。
2019712t.jpg

そして私は店の前を通過中、ギョッとした。
この蓋の下に隠されていたのは犬肉だったのでしょうか?
2019712u.jpg

店の中は勘違いの無駄な精力をつけようと犬肉を食べて盛り上がってる汚らわしいジジイの集団が。
見るに耐えない光景とはこういうこと。
2019712v.jpg



生きたまま陳列されている犬の姿はなかったが、
その他の動物は客が求めて殺される待機中であった。。。
どうせ殺されるのだから、どんな扱いをされてもいい。
そんな風に動物達を見下してるのは肉食者も同じ。
何故なら、肉食しながら動物福祉を訴えている人を見たことがないから。
感謝しているというくせに。
劣悪な状況に置かれた畜産動物達の環境の改善を求めて訴えているのは、
いつも動物を食べない人たちが中心だ。
2019712w.jpg

鶏と一緒に入れられてる今にも死んでしまいそうなウサギたち。
そして、この後、注文を受けて殺されてさらなる苦痛を感じるよりも、
この檻の中で、意識が遠のくように死んでいった方がよっぽど幸せだろうと思う。
それだけ肉食行為は酷いということ。
2019712x.jpg

写真を撮っていると、怒鳴ってきた店主。
なにを叫んでいたかというと、
「犬じゃないのに何で写真を撮るんだ!!!怒」である。
犬だけを、隠せば問題ないと思っている、肉食業者。
この人たちは、VEGANという言葉を知らないかもしれない。
いま世の中が、差別を止めて、動物を食べ物にしない選択を広げていってることを知ったら、
この人たちは、鶏やウサギも隠すのかもしれない。


途中、野良犬?ペット?に出くわして焦った。
捕まって食べられてしまう!!逃げて!!!っとパニくっていると、
「この子は大丈夫ですよ」と参加者の方が教えてくれた。
ペットと食用犬は別。それが犬肉を食べる韓国人の感覚なんだそう。
しかし、日本でも(世界中でも)、インコを可愛がりながら、鶏肉を食べ、魚を鑑賞しながら、魚を食べる。
羊とたわむれたあと、ジンギスカンを楽しむ。
可愛いがる動物と、食べる動物を別に分ける、そんな同じような人だらけ。
食用犬とペットを分ける感覚が理解できない、それを言っていいのは、動物達への根本的な差別行為に気づいた、動物を食べない人たちだけかと。
2019712y.jpg

犬肉が販売されてるお店の前。頑丈なシートで檻が隠されていた。
このシートの中には犬がいたと思われる。
2019712z.jpg
2019712aa.jpg

シートを被せていない空っぽの檻も多数見かけた。犬たちをどこへ隠しているのだろう。
2019712bb.jpg

ある店の前では、デモ参加者を近づけないようにか、びっしり警官が配備されていた。
ここまでされないといけない現状があるということ。
犬肉産業はもう本当に終わりだと思いますがね。。
2019712cc.jpg

チルソン市場でのデモは、すぐに終わってしまった。
私はてっきりチルソン市場だけをグルグル周り続けるのだと思っていたので、「え!!もう終わりなの!?!?」と、チルソン市場を去る時には強烈な不完全燃焼感があった。
そしてデモ隊は大通りへ。チルソン市場で声を出せなかった分、より一層参加者の訴えが大きく街に響き渡っていた。
待ちゆく人たちがこちらに注目している。
犬肉廃止するには、消費者も当然巻き込まなければならないし、このデモの盛り上がりをみて、不完全燃焼感は一気に消えた。

2019712dd.jpg
2019712ee.jpg

「反DMCTJapan」ひろ子さんによるライブ中継動画
https://www.facebook.com/anchiInunekonikuDCMT/videos/952745781727228/

青いパネルを掲げてるこちらのご婦人は、韓国の女優さんなんだそうです。
こうやって芸能人が、普通にデモに参加する光景も日本と違うところですね。
2019712ff.jpg
2019712gg.jpg
2019712hh.jpg
2019712jj.jpg
2019712ll.jpg
2019712mm.jpg
2019712nn.jpg



デモ行進終了。
テグ市は韓国で最も暑い場所らしく、この日も強烈な日差しだった。
デモのゴール地点「テグ市庁舎前」では冷たい水が用意されおり、デモ出発前にも、犬肉廃止を願う蒸しパンみたいなお餅が全員に配布されたのだが、参加者へのそういう気遣い、配慮も素晴らしいなと。
2019712demo25.jpg
2019712demo26.jpg

約2時間ほどのデモ行進。出発前の集会も併せるともうどれくらいの時間抗議しているのだろう。
そして、まだ終わりではない。
ここから各団体代表の挨拶があり、そして、テグ市へ犬肉禁止を求める訴えへと続いた。
デモ行進終わってから更に1時間は要したと思う。

最初の挨拶は、有名な団体「KARA」の代表。
2019712oo.jpg

こちらは、声をあげてはいけないといわれていたチルソン市場で、何かトラブルがあったのかヒートアップして?拡声器で叫んでおられたご婦人。
後から話を聞くと、このテグ市の地元の方だそうで、以前からチルソン市場で犬肉反対デモ等、抗議活動を長年続けてきておられるそう。
地元からも力強い行動を起こされてる団体が存在する事を知ってこれまた感動した。
日本でいうと、太地町で地元の人がイルカ漁反対デモしてるようなものかと。
日本でそんな事ありえないですよね。
2019712pp.jpg

私たちが今回お世話になった、ダソムの金さん☆
2019712ss_20190716124505414.jpg

他、釜山からも(テグ市へは釜山からの方が近いらしい)多数の団体が訪れていて改めて本当に沢山の団体・個人がここに集まっていたことを確認しました。
2019712rr.jpg
2019712tt.jpg
2019712uu.jpg
2019712vv.jpg
2019712ww.jpg

犬肉を何としてでも廃止にしたい。せっかくの貴重な時間を無駄にしない。
そんな韓国の皆様の想いが活動の隅々から感じられた、至る所に感動があったデモ。
本当に色んなことを学ばせていただき勉強にもなった。
この想いを日本へ持ち帰り伝えることが私にまず出来る事。
韓国の活動家の皆様、デモ中も韓国語の解らない私たちのために日本語でいろいろ説明してくださったり、
終始本当に温かく接していただき、お陰でとても有意義な活動になりました。
微力にも満たない存在ではありますが、共に声をあげさせていただいたこと、心より感謝いたします。
本当にありがとうございました。
韓国に犬肉禁止の波がどんどん広がりますように!!!!!
2019712xx.jpg
2019712demo27.jpg
2019712demo28.jpg



実はこのデモの3日後、ダソムの金さんらが、犬達の姿を確認するために、再びチルソン市場に足を運んでくださいました。
あの日、隠されていた犬達の姿が確認できます。
一度あの市場に足を運んで現地を知ってるだけに、
この画像がいかに残酷なものか、私たちはより感じ取ることが出来る。
このブログを書いてる今、もうこの犬たちは、殺されて誰かの口の中に放り込まれてしまったかもしれません…。

2019715dogmeat1.jpg
2019715dogmeat.jpg
2019715dogmeat2.jpg
2019715dogmeat4.jpg

そしてこの2日後の17日、まさかのGOOD NEWSも飛び込んできた。
なんと、、、テグ(大邱)市長が、来年までにテグ市の犬肉屠殺場を閉鎖してチルソン市場を整理すると発表したらしい!!!!!
今まで様々な方法で犬肉廃止を訴え行動を起こしてきた韓国の皆さまの力。
韓国でどんどん巨大化している犬肉反対運動の成果ですね!!!!!!
12日のデモでの訴えも勿論、考慮してくれた結果だろうと思います。
それにしても、こんなすんなり?話が進むこの流れ。
リアルファー廃止宣言するブランドが続々と続いてるように、
韓国での犬肉市場閉鎖の流れも、大きな波に乗り出したのではないでしょうか。
テグ市から!韓国から!!犬肉が消える日が一刻も早く訪れますように!

~詳細は、反DCMTJapan(ひろ子さんが管理者です)より~
https://www.facebook.com/anchiInunekonikuDCMT/posts/2349807141928920
韓国 速報 :第3犬肉市場「チルソン市場」にも朗報が‼
ソウル市より東南へ車で4,5時間くらい行ったところに位置する大邱(テグ)は、
韓国ではソウル、釜山に次ぐ第3の都市ですが、
この度、市内に存在する犬屠殺場のすべてを閉鎖する「計画」発表がありました。
クォン・ヨン・ジン大邱市長は17日に「韓国犬肉食問題は時代に逆行しており、
また、食用犬の屠殺場が大邱市中心部に存在することに関し情緒的に合わない」とし、
先日日本からも活動家さんたちが4名参加された大邱にある「チルソン犬肉市場」に関しても
来年までチルソン市場を含む大邱市内の犬屠殺場を整備する法案を検討しました。
現在チルソン市場では、数カ所の犬屠殺場、そして17か所の犬肉レストラン・犬肉販売店が存在しています。
元記事 → https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10156183720528204&set=a.10152291788648204&type=3&theater
韓国では これまでに
2016年 韓国最大といわれたソウル市のモラン犬肉市場が
*生きた犬の食用陳列販売と
*犬の屠殺を廃止
2019年1月 朴市長が市内のすべての犬屠殺場を閉鎖すると約束。
2019年7月11日には
韓国第二の犬肉市場といわれてきた釜山にあるグポ市場が
*犬肉関連業のすべてを撤去
市場を総リモデリングしています。
tegudogmeathaisi.jpg

デモが終了して、またバスに揺られソウルに帰ってきたのは、21時頃。
猫ちゃんは、お腹の調子が悪いのと、明日のお昼に日本へ先に帰国のためホテルに戻ったが、
私とひろ子さんは、ウンシンさんおススメの冷麺を食べに明洞へ。
2019712vegan1.jpg

ウンシンさんが、店員さんに説明してくれてVEGAN仕様にしてもらったこのビビン麺☆
睡眠不足で半分死にかけていた、ひろ子さんと私。
この超美味しい冷麺と韓国ビールに癒されて元気復活!!笑
これ本当に美味しかったなぁ。
ソウルで食べたVEGANフードの中で個人的に1番気に入った。
ごちそうさまでした。
2019712vegan3.jpg
2019712vegan4.jpg
2019712vegan2.jpg

2019年7月13日(土) 韓国ARツアー3日目
おはようございますm(__)m
メンバー全員、加齢が厳しい華麗なるオバタリアン、笑。
今日はさすがに朝はゆっくりしたいという事になり、10時待ち合わせで行動することに。
私は韓国行く日もほとんど寝てなかったので、2日分爆睡!!!
お陰で目覚めすっきり。朝はホテルについてる無料の朝食をエンジョイすることに。
VEGANが食べられるもの、バナナとトマト、コーヒーをいただきました。
シリアルもイケそうだったけど、シリアルは元々好きじゃないのでスルー。
基本肉食者メインの用意なので、他にはパンや卵を好きに調理して食べられるようになっていた。
アニマルライツ的に黙っていられないので、食堂の壁にメッセージを残してごちそうさまでした♪
2019713k.jpg
2019713m.jpg
2019713n.jpg
2019713l.jpg
2019713o.jpg
2019713p.jpg

ひろこさん、ウンシンさん、おはようございます!今日も宜しくお願いしますm(__)m
ホテルエリアには何故か巨大なオブジェが色々。
2019713a.jpg

大きなクジラを見つけて、捕鯨問題を勿論思い出す件。
韓国のイルカ問題については、いつもイルカ猟関連の記事でも書いてるけど
ココにも軽く情報載せておきたい。
2019713.jpg

韓国は水槽に監禁されたイルカ解放運動に貢献してる国といえる。
2012年に、ソウル市長が「イルカショーは動物虐待宣言」したのが世論が動く大きなきっかけだったように思う。
韓国は太地町からイルカを購入していたが、水族館のイルカの死亡率が極めて高いことも問題視され、
2018年には太地町からのイルカの輸入も禁止にした。
何より凄いなと思うのは、水族館にいたイルカを海に帰してそれを成功させた実績があること。
韓国の水族館すべてからイルカ達が消えた訳ではないが、
韓国は世界で一番、水族館に囚われたイルカを野生に返している国なんです。
これはもっと注目されないといけないのではないかなと思う。
この記事は特に読んでほしい。
~記事より一部抜粋~
「テーマパークの人々は、捕獲されたイルカやクジラは2度と野生に帰ることができないと言って飼育を正当化しようとしますが、解放されたイルカたちは、そうした主張に対する生きた反証になっています。リハビリをしてから放流する、あるいは海の中の囲いの中で余生を送らせるという手法は、近年、支持を集めています。捕獲された海洋哺乳類の権利の保護は、新たな段階に入ったのです」
テーマパークのイルカ2頭を放流へ、韓国
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/a/052100004/

(その他、関連記事)
●動物虐待…ソウル市、結局イルカショー中断へ/中央日報https://japanese.joins.com/article/886/151886.html
●韓国の水族館がイルカの相次ぐ死を半年ひた隠し、批判恐れ=韓国ネット「もみ消しでは世界最強の国」「イルカショーもそろそろやめ時では?」
https://www.excite.co.jp/news/article/Recordchina_20160109038/
●韓国人「日本には絶対に行かないで!」韓国の海がイルカの楽園に!海に帰されたイルカが韓国の海で幸せそうに泳いでいる姿が目撃される! 韓国の反応
http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/52902509.html
●超グッドニュース☆韓国が太地町からイルカの輸入禁止を決定!!!アジア地域でも高まるイルカ保護意識。イルカ達の犠牲を世に最も送り出している日本はまだ波に乗らないんですか?(さっち~のブログ)http://animalliberation.blog.fc2.com/blog-entry-149.html
●【補足】韓国は昨年、実質的な日本イルカ輸入制限を決めていた
http://animals-peace.net/zoo/korea-dolphin-import-ban.html

韓国で最もイルカ保護活動で有名な団体と言えば
hotpinkdolphins(핫핑크돌핀스)
https://www.facebook.com/hotpinkdolphins/

頻繁に教育現場等で子供達への啓発活動を行われているのが特に素晴らしいなといつも見ていた。

今回せっかく韓国まで行くので、hotpinkdolphinsの方に活動のお話など聞けたらなと、
どなたが繋がりないかひろ子さんに調べて貰ったのだが、まず事務所が済州島にあるということで距離的に無理。
またソウルで合えそうな方も探すことが出来ず断念。
いつかまたご縁が出来る機会があればいいなぁ♪
先日は韓国KBSテレビでも活動が取り上げられたよう♪
素晴らしいですね♪


話が反れたけど、韓国ARツアー3日目。
この日まず向かったのは、地下鉄に乗ってすぐ「清凉里(チョンニャンニ)駅」
韓国へ行く前、アジア犬肉紀行の北田監督から、
「時間があったらキョンドン市場に犬肉が売られてるから足を運んでみて。」と情報いただいていた。
また、一部の情報では、今はもう売られていないとかいう話も飛び込んできて、
もし売られていないとしたらそれはそれで進歩したことが確認できるから良いよね!っと、
犬肉の存在を確認するため、京東市場(キョンドンシジャン)へと向かったのでした。
2019713b.jpg
2019713q.jpg

キョンドン市場に到着。
2019713c.jpg

犬肉チェックしにいくのに、動物の活動してる人ってバレない方がいいよねってなったけど、
メッセージのない普通の服が1枚もなかったので(アニマルライツあるある)、笑
VEGANという単語の意味を市場の人たちが知らないことを願った件。
2019713d.jpg

一見普通の市場だけど、どこかに犬肉が売られているのかと思うと、緊張してきた私たち。
ただの観光客ですオーラを出しながら、市場の中を進んでいく。
2019713g.jpg

勿論助けたいのは犬だけじゃなくて、苦痛を感じる全ての動物達。
犬肉問題は非常に衝撃が大きく、肉食問題を考える大きな入り口になる。
いつか、血の流れる生き物が売り場からすべて消えてくれるといいんですけどね。
2019713f.jpg
2019713s_20190724134650fd7.jpg
2019713e.jpg
2019713i.jpg
2019713h.jpg

ウンシンさんが、どこかのお店の方に犬肉が売っているかを聞いてくれた。
そのお店の方は、2軒売ってると丁寧に教えてくれ、気をつけて行ってきてね、っとか何とか声をかけてくれたそうです。
私たちがそっち側の人だとバレていたのは勿論、そうやって親切に教えてくれるという事は、市場の人の中にも犬肉を良く思ってない人たちがいるんだろうなと思ったのでした。
2019713r.jpg

犬肉が売られているという市場の前に来た。
犬肉を見つけたらしれっと撮影だけ済ませるつもりがこのあと、想定外の展開に。
2019713j.jpg

何が起こったかは、Facebookで上げた投稿をここに転載しときます。


ギョンドン市場にて犬肉チェック。
もう犬肉は販売されてないだろうと一部で聞いていたのだが、2軒まだ販売してるとの情報を得た。
さりげなく撮影におさめるつもりが、犬肉を見た私の表情が激しく歪んでしまい、このあと写真を消せと市場関係者があちこちから出てきて大騒動に。
ひろこさんは、カバンの中にまで手を入れられ携帯を取ろうと、肩を押され、胸ぐらを掴まれまでしました。
警察を呼ぶぞと脅してきたが、呼んで貰っても私たちは問題ないのでどうぞと答えると弱気になる業者。
この市場では去年食用の犬の屠殺が禁止されたらしく、表沙汰にされたら何か自分達が困ることがあるのか必死の抵抗だった。
こんな姿にされてしまった可哀想な犬たちのため、
また人に暴力をふるってまで犬肉を売ろうとする犬肉業者らの実態を世界中に広め、韓国の犬肉産業をより縮小させるため、この情報を拡散してください。
2019713dogmeat1.jpg
2019713dogmeat2.jpg
2019713dogmeat3.jpg

犬のシルエットがそのまま残る状態で並べられていた。
肉食者かのような演技で「美味しそうですね」くらいのひとこと言える余裕ぶっこいた態度で
挑むつもりだったのだが、さすがに犬の姿を観た瞬間、全ての計画は崩れ去り平然とした顔を保つのは無理だった私…。
そして犬肉業者らに絡まれた私たち、犬たちを守ろうと、ウンシンさんが、すかさず、「私はこの日本人観光客のガイド役でトラブルに巻き込む訳にはいかない。写真を撮られたくないなら、何故張り紙をしておかないんだ!!そんなに困るなら何故犬肉を売るのか!!」等、凄い剣幕で犬肉業者と戦ってくれていて、
その姿が本当に愛に満ち溢れていて涙が出そうになりながら、私はその様子を離れた場所からシレっと撮影。
私は最初に注意を受けてから距離を置いたので大丈夫だったが、
犬肉業者の戦う相手はウンシンさん、そしてすぐ傍で携帯を撮影していたひろ子さんに怒りの矛先が向いた。


別の市場関係者まで出てきて、とにかく写真を消せと必死。
最後は、唐辛子を売っていた店の方が、「あなた達の気持ちは良く解る。だけど写真はどうか消してもらえないか」と低姿勢でお願いしてくる始末。
市場で犬肉業者と家族同然につきあってきたのだろうか?
その守りたい気持ちは解らなくもない。
しかしそれだけ必死に写真を消せという悪いことをしてる自覚があるなら、さっさと犬肉の販売を止めろと説得したらどうなのか?
韓国でそれだけ肩身の狭くなってる犬肉業者。人間目線だったとしてもそれが愛なのではないのか?
何故しつこく犬肉の販売を続けさせようとするのだ?
ウンシンさんによると犬肉業者は「犬肉を売って子供を食べさせていかないといけないんだ!」っと言ってたそうですが、
周りに犬肉以外で生計を立てている人たちが沢山いる以上、そんなことは言い訳にしかならない件。
2019713t.jpg

警察を呼んでもらって構わないというと、急に態度が大人しくなった犬肉業者。
それで諦めたのか、私たちはようやく解放?されることに。
騒動が収まってからの感想。
「いやあ、ムカついたけど、お陰で犬肉業者の恐ろしさ、愚かさをより伝える事ができるし良い映像も取れたし、
ネタ集めできて超ラッキーな出来事でしたね(*^▽^*)」っと、私はルンルン気分的な、笑
ひろ子さんもウンシンさんも似たように収穫と捉えられており、アニマルライツ強し、笑
「警察呼んでもっと大騒動にしてやれば良かったですかね~。」っとか、
少し名残惜しい気持ちを抱えながら次の場所へ。
2019713pet1.jpg

お昼を食べに行く前に、距離的にも近いし観ておきたかった場所があったので寄って貰った、
忠武路(チュンムロ)にあるペットショップ街。通称「愛犬通り」
犬や猫を陳列したペットショップがずらっと並んでいる。
日本で事前に情報見てたが、数年前は飼育環境が酷いということで問題視されその後、改善されたのだとか。
韓国にも当然繁殖業者の問題やら、殺処分問題等あるのだろうが、そのあたりの細かい情報までは収集できず。
たまたま見つけた情報によると、韓国では犬や猫を安く購入できるため(数万円とか)
簡単に購入して簡単に棄てる飼い主が多いらしい。
そしてショーケースに入れられた犬や猫たち…。めちゃくちゃ小さい…。
日本では動物愛護法改正で今年やっと8週齢規制が通ったが、韓国ではそのあたりどうなっているんだろう?
お店に入って、ウンシンさんにそのあたり聞いてもらおうとしたが、店主は
「あなた達にお話することは何もない」と、バッサリ切られた件、怒
ウンシンさん曰く、
日本人=買わないから商売の邪魔だし無駄に話たくない という感じだったらしい。
こんな根性悪の金金金の人間が犬達を優しく扱ってるはずないですよね。
日本も含め韓国もペット産業の闇が相当深そう。
犬肉問題と合わせてただただ気が重くなるだけでした。
2019713pet2.jpg
2019713pet4.jpg
2019713pet5.jpg
2019713pet6.jpg
2019713pet7.jpg

日本帰国後に知ったのだが、ソウルには東大門(トンデムン)にもペットショップ街があるらしくて、
そこがまたあまりに酷そうで驚いた。。。
韓国は犬肉やイルカ問題など、進んでる一面があるだけに、生体販売のこのような問題が放置されていることにショックを受ける。
動物をこんな風に扱えてしまうその元凶。
問題を指摘された動物虐待業者が何かあればすぐ口にする発言、言い訳。
「牛や豚だって殺され酷い目に遭っているのにこれの何がいけないんだ?」
すべての動物虐待問題が、動物を食べ物にしていることから始まっているってこと、
動物を食べ物にすることが、その他の動物虐待を許す理由になってしまっているんだってことに
いい加減気づいてほしい。
可哀相と思うなら、根本から変えなくてはならないってことを。

東大門ペットショップ通り「小動物、鳥、観賞魚、昆虫などあらゆるペットを卸売りする市場」
https://www.konest.com/contents/shop_mise_detail.html?id=4468
koreaPETSHOP.jpg
koreaPETSHOP1.jpg
koreaPETSHOP2.jpg

何かと心的ショックが大きい中、次に向かったのは、韓国でのVEGANフード3軒目。
安国(アングク)駅を下車。
ここ仁寺洞はお寺などのあるエリアだからか、どことなく京都っぽさのある街並み。
精進料理を食べられるお店も他にあった。
2019713vegan1.jpg

この先にある。
2019713vegan2.jpg

入り組んだ路地で少々迷ったが、無事到着♪
今日のお昼は仁寺洞(インサドン)にある「オーセーゲーヒャン」という韓国料理のVEGANレストランにて♪
2019713vegan4.jpg
2019713vegan5.jpg

地元のVEGANの方にも人気のお店だそう。
最初に行った、PLANTみたいなVEGANカフェは日本にも沢山あるけど、
韓国のVEGAN料理が食べられるお店は、日本では滅多にお目にかかれないから、ここに来るの楽しみにしてた♪
2019713vegan11.jpg
2019713vegan7.jpg

メニュー表を見ていたら、
2019713vegan6.jpg
2019713vegan16.jpg

あ!!猫が紹介されてる!!!!
2019713vegan19.jpg

しかもVEGAN猫アピールだったんだニャー(=^・^=)
ここのお店の猫ちゃんなんでしょうね♪
こんなアピールしてるお店はじめて、笑
2019713vegan18.jpg

そう言えば昔、当ブログでVEGAN猫を取り上げたことがあったけど、
あの猫ちゃんも韓国だったことを思い出したニャン(=^・^=)
2013年の記事↓
「猫が肉食という常識が覆される!?完全菜食のVEGAN猫(=^・^=)ニャ&VEGAN犬U^ェ^Uワン」
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1021.html

色々頼んでみんなでシェア♪
お店も落ち着く感じだし、ごはんも間違いない美味しさで♪
束の間の癒しの時間。
2019713vegan13.jpg
2019713vegan14.jpg
2019713vegan15.jpg
2019713vegan12.jpg

トイレに行ったら、便器の上にさりげなく毛皮反対アピールを発見!笑
2019713vegan10.jpg

ご飯が美味しいだけでなく、店内にちゃんとアニマルライツアピールもされており間違いなしのお店だった。
もしいつかまたソウルに来ることがあれば、再び訪れたい。
優しい時間をありがとうございました(=^・^=)
2019713vegan8.jpg
2019713vegan9.jpg

VEGANご飯を済ませた後は、初日に訪れたソウル国会前のテントに再びお手伝いに行くことに。
夕方から、現地のVEGAN活動家の方とお食事する約束になっていたので、
お手伝いできるのは2時間ほど。
2019713a_201907262332209ff.jpg
2019713b_20190726233221ba1.jpg
2019713m_2019072623323743d.jpg

着いたのは15時くらいだったかな。
犬達は、お昼も食べ終わってくつろぎモード。
初日に訪れた時にいたボランティアの方とは誰とも再会せず、
またお初のボランティアスタッフの方が対応してくれた。
2019713c_20190726233222344.jpg
2019713q_20190726233243caf.jpg
2019713r_20190726233244244.jpg

ご飯も食べたし、犬達も落ち着いてる時間だし、いま特にやることはないからゆっくりしてとのこと。
恐怖に怯えなくていい場所。犬達の穏やかそうな様子。
午前中みた光景が強烈過ぎて、ここにいる犬達が本当に皆さんに守られてる事にホッ。。
2019713j_201907262332331e2.jpg
2019713s_20190726233246553.jpg
2019713d_20190726233223d4e.jpg
2019713p_201907262332419a7.jpg
2019713o_2019072623324061e.jpg
2019713i_20190726233231ae3.jpg
2019713w.jpg

ビビりちゃんは、やっぱり今日もビビりちゃんで落ち着かない様子。
瞳からすんごい不信感伝わってくる件。お邪魔してごめんなさい(;^ω^)
2019713n_20190726233238601.jpg

暫くしてお散歩させる事になり、この日はお散歩メインでお手伝い。
力が強すぎて1人で散歩させるのは大変なワンコがいるとのことで、2人がかりでお散歩させたり、
大型犬が多いので、散歩も簡単ではないようだった。
テントの横は車がビュンビュン走ってる道路だから、リードを離さないように私も必死。
2019713t_20190726233249544.jpg
2019713e_201907262332256d5.jpg
2019713z.jpg
2019713g_20190726233228f47.jpg
ひろ子さんが撮影してくれていた動画。


お散歩させて感じた事。
この子達は、檻の中に閉じ込められ、散歩なんて連れていって貰ったことのない犬達だから、
散歩の目的が解っていない、すぐに立ち止まってしまったり、散歩の仕方が解らない様子の子が多かった。
それがまた悲しくて。
早く安住の地を見つけて、お散歩を思う存分楽しめる家族に出会えるといいなぁ。。
因みに、犬肉にされる犬達にしては、ペットっぽい犬種が多いと思ってたんだけど、
この子たちがいた犬肉牧場は、ペットの繁殖も兼ねていたそうで、売れ残った子を犬肉にして活用していたらしい(怒)
だから、ここに居る子たちは、ペット向きの犬種が色々いたようです。


またこちらの犬達をレスキューする経緯。
釜山大学の某教授が、ここで苦しんでる犬達の事を知り、犬達を買い取るお金を出すから(お金持ちの方ではないそうです)
なんとか助けてくれないかと保護団体に依頼があってのレスキューに至ったそうです。
現状韓国で犬達を救出する確実な方法は、買い取りしかないのだとか…。
業者はまたいくらでも犬を増やして、保護団体を相手に金儲けもできてしまう訳で、
そのような方法は、根本的な解決にはならない、業者を潤わせるだけで逆効果だという考えもありますが、
そんな中、犬肉屠殺場が閉鎖し韓国犬肉産業が縮小に向かっているのは、
犬肉業者への度重なる説得、抗議活動等の効果は勿論、
世論が動き、犬肉支持率が下がっているという背景が存在するからなんだと思う。
要は意識改革。ここに解決への道がある。
そしてこれはどの動物問題にもあてはまること。
以下の記事から抜粋すると、
"現在は犬食に否定的な韓国国民が大半を占めている。
2004年と2018年に行われた世論調査によれば、
2004年には国民の89.5%が「(犬肉を使用した)ポシンタンの販売を禁止する必要はない」と回答していたが、
2018年では、犬食に賛成する割合はわずか18.5%になっている。"
韓国、犬食禁止を検討へ 市民の請願に大統領府「犬を家畜から外すよう法整備を」
https://newsphere.jp/national/20180824-4/2/

韓国では住宅事情もあり、中々里親さんがすんなり見つからないらしく、
あれからここにいる多くはアメリカへ送られることが決まったそう。
「人間のせいであちこち連れまわしてゴメンね、、幸せになるんだよ、、、」
2019713x.jpg
(7/30追記)
上記でアメリカへ送られるとザックリ言ってしまいましたが、
7/29付の最新情報、詳細を現地活動家さん経由で、ひろ子さんが教えてくれたので記しておきたいと思います。
「現在40頭まだ行先が決まっておらず、そのうち数頭は入院をしていて
別の数頭は、この焼け付く熱さや台風の中一時預かりさん宅へ。
現在、18頭が国会前で活動家さんたちと野宿しているそうです。
また、この40頭は、一応「アメリカの団体が受け入れる」ということになっているのですが、
実は、里親さんが決まった時点でそのワンちゃんたちだけアメリカへ行くというスタイルだそうで、皆無事にアメリカのシェルターで保護というわけではないそうです。」
~追記ココまで~

その後、国会議事堂前駅の隣にある、汝矣島(ヨイド)駅にて、
韓国のVEGAN活動家のミヒョンさんという方と待ち合わせ☆
ひろ子さんとウンシンさんは、すでに存在をご存知のようだけど、私はお初☆
ヨイド駅から上がってすぐのビルの中にある、
ミヒョンさんおススメの中華料理店「新東陽」へ。
2019713vegan21.jpg
2019713vegan22.jpg
2019713vegan23.jpg

一番右にいるのがミヒョンさん☆
韓国で犬肉にされる犬達の救出活動で一番有名らしい「CARE(ケア)」の一員でもあり、
犬肉屠殺場の急襲、犬救出現場で、日本語でライブ中継してくださってたりした方で、
日本でも知ってる方は多いかも?(私もライブ中継見た事あった。)
2019713vegan27.jpg
もう最初の話題から
「犬肉産業がもう終わりに近づいてるから次は何をするのか、その先の事、VEGANを視野にいれた活動を考えなければならない。」
と話されていて、考え方が全く同じですんごい話合って嬉しかった♪
自宅の1軒家にスペースがあるらしく、今後は畜産動物に注目してもらうために、
豚の救出(里親)も考えているそう。
また団体としての活動だけでなく、個人的にもVEGANを広めるために、VEGAN料理教室を開催されていたり、
多方面で精力的に活躍されてる凄い方。
素晴らしいのは、料理教室の生徒には、まずはじめに動物問題のドキュメンタリー映画を見て貰うんだとか。
美容や健康志向のなんちゃってVEGAN撲滅させたい話とか、ほんと隅々から彼女の気持ちが良く理解できた、笑
VEGAN料理教室関係で日本にもちょいちょい来られてるらしく、
今度関西に来られた時は、是非再会したいし日本のアニマルライツな皆さんにも会って欲しいと思ったし、
その際はまた交流会イベントでも出来たらいいなぁ♪

あ、そうそう、VEGAN猫のゴハンの話になったんだけど、
料理教室までやってるくらいだから、ミヒョンさんは栄養の話にも詳しくて
猫もVEGANで全く問題ないお話をしてくださった。
自分はVEGANだけど、猫保護してて、猫にはどうしても動物性を与えないといけないと悩んでるアニマルライツ仲間がいること話したら、
猫のゴハンで重要なポイントはタンパク質なのであって、
それが絶対動物性でないといけない訳ではないし、その思い込みを捨てなければならないと。
そして猫に与えるVEGANご飯のレシピを教えてくださったのだが、
タンパク質の摂取におすすめなのが、スピルリナらしい☆粉末で売ってる。
スピルリナは、タンパク質が特異的に高い植物なんだそうで、
ポテトにスピルリナ、そしてニュートリショナルイースト、野菜ブイヨンをかけて食べさせると良いそうです。
もし猫のゴハンで悩んでる方いたら、参考のひとつにどうぞ♪
ミヒョンさんみたいなVEGAN活動家の存在を最後に確認出来て、
韓国滞在最終日、本当に充実した1日になった。
ミヒョンさんとのこの度のご縁に感謝♪
時間作って今日は色々お話聞かせて頂き本当にありがとうございました!!

韓国でまさかの美味しいVEGAN中華まで堪能できたし♪
因みにこちらのオーナーは、台湾の方でした☆
全てのメニューがVEGAN対応できるらしく、素食天国台湾の方ならではのサービスなのかもですね☆
2019713vegan24.jpg
2019713vegan25.jpg
2019713vegan26.jpg
2019713vegan28.jpg
2019713vegan29.jpg
2019713vegan30.jpg
2019713vegan31.jpg
2019713vegan32.jpg

ミヒョンさんとサヨナラしたあと、韓国最後の夜が名残惜しくなった3人。
何かと濃厚だった韓国アニマルライツツアーお疲れ様でした会ってことで、
最後にもう1軒、マッコリで乾杯を、笑
私は初マッコリだったんだけど、美味しくて参った!笑
2019713vegan38.jpg

ひろ子さん♡ウンシンさん♡猫ちゃん♡そして私♡
このメンバーだったからこその相乗効果で充実した旅になったってのは大きいと思う。
皆さんの存在にそれぞれが支えられました。
ここに猫ちゃんいないのが淋しかったけど、この3日間、本当にお疲れ様&ありがとうございました!
そして何より、今回ひろ子さんから、熱いお誘いがなければ参加することはなかったでしょう。
ひろ子さんに改めてお礼を申し上げたい。
今回は貴重な活動の機会をいただきありがとうございましたm(__)m
2019713vegan35.jpg
2019713vegan36.jpg

え、まだレポート続くんですかって?笑
そりゃそうでしょ、私が日本に無事帰るまで、華麗なるアニマルライツツアー続くでしょ、笑

ホテルへ戻ってから、帰国準備。
韓国へ来て両替したのは2万円。
明日の空港までの交通費とか、差し引くと1万では終わらないけど、
今回韓国へ来てから使ったお金を計算していたら、たったの1万円程だった。
2019713ww.jpg

韓国に来て買ったものは、ソウル国会前のテントで買ったレスキューされた犬たちのカレンダーのみ。
昔あちこち海外行ってはブランド品買いあさってたあの頃の私は本当に死んだんだなぁ。
2019713k1.jpg
2019713k4.jpg
2019713k3.jpg

そしてマッコリのせいもあって気が立って何かと穏やかでない精神状態。
朝4時起きだったこともあり、今宵も一睡も出来なかったのでした、笑

2019年7月14日(日) 韓国ARツアー最終日

韓国で最後のおはようございます。
안녕하세요?(アンニョハセヨ~)
そして、バイバイ!
안녕히 계세요(アンニョンヒケセヨ~)

トイレやシャワーは気に入らなかったけど、結局なんやかんやで気に入ってしまったサニーゲストハウス。
次韓国来る機会あったらまたココに泊まるかも、笑
2019714o.jpg

今日は帰国後に仕事が入ってるため、朝5時にソウルを出て空港へ。
こないだ中国行った時、2時間前に空港チェックインしたのに、飛行機に乗せて貰えないトラブルに見舞われて悲惨だったから、韓国だけど今回は念のため3時間前に仁川空港に来た。
チェックインスムーズ過ぎて今回は逆に時間余りまくり的な(^^;
韓国はやぱ2時間前で十分やな。
荷物預ける時、お姉さんがパネルにショックを受けて、それを隣のカウンターのお姉さんにも伝えるというアクションが展開されており、最後まで啓発に役立って良かったマイ荷物。
2019714c.jpg
2019714b.jpg
2019714a.jpg

日本円に両替して余った端数のお金、10000ウォン(約1000円)が残ったので、
華麗に使い切るべく空港内を物色していたら、
菜食を案内する機会に遭遇!!!
もしかしてこのプチフードコートでVEGANフード食べれるってこと?
っとワクワクしながら機械をタッチ。
しかし、何が言いたいのか全く意味の解らない画面が出てきて終了でイラついた件、笑
2019714f.jpg
2019714g.jpg
2019714h.jpg
2019714i.jpg

その後、フルーツ、6000ウォン。
ダンキンドーナツのVEGAN仕様ベーグルで2100ウォン。
水2本で、1900ウォン。
綺麗さっぱり10000ウォン使ってエンジョイ。
2019714j.jpg
2019714k.jpg
2019714l.jpg
2019714e.jpg

無事日本に帰国。
もう犬肉反対活動のために、韓国になんて行きたくないワン。
一刻も早く犬肉の消える韓国になりますように。
動物を食べ物にしない世の中が訪れますように。
これにて、華麗なる韓国アニマルライツツアー終了!!
お疲れ様でした。
2019714j1.jpg
2019714m.jpg
2019714n.jpg

最後に(まだあるのかよ、笑)
記事をUPしようと思っていたら、
韓国のVEGAN最新情報のニュースが飛び込んできたので最後に貼っておきます♪
「イム・スジョンからイ・ヒョリまで…菜食主義者のスターは?」ライフコリア
2019.07.27 11:53
http://life.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2019072780020
koreaveganstar.jpg
スポンサーサイト